ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 9月28日  右投げ、左打ち。
  
  この所の練習日と言えば、概ね風の穏やかな日に恵まれていたものの、先日に限っては台風16号が崩れた低気圧の通過によって朝の内は乾いた北西からの風に吹かれたかと思えば、午後からは接近した次の台風による間接的な影響を受けて東寄りの風が強まってしまうと、県内には風裏で練習出来る場所は殆ど存在しないと思える程の実に厄介な状況になる訳だが、蛇行した川を転々しながら辛うじて進展が見られたとは言っても、その歩みは相変わらず亀の様に遅くスイープさえ成功すれば一気にドリフトまで達成してしまうのでは・・・、と、つい、こんな期待を抱いてしまっていても、そんな順風満帆な進捗は全く有り得なかった。(笑)

f0084561_12183768.jpg


  そんな訳で、最大課題となっている左のシングル・スペイは前回の練習を含めた過去の改善箇所を残さず意識させたスイープさえ達成されれば、先ず先ずの仕上がりとなる一方、やはり数ある注意点とあって何処か疎になる箇所が必ず現れ、この中でも、やはり水平回転に対する注意は特に散漫になる気が抜けず、万一ここまでの段取りが上手い具合に進んだ場合にも次のドリフトでは全く機能していないが、このドリフトは右の動作でも難しく、マグレの成功でも2~3か月の歳月を要していたのではないだろうか。

  その一方で、この所、左の動作で有利と感じてしまう箇所には、やはりリア・グリップの操作にあって、特にスイープにもなれば70~80%がリア・グリップの操作で占められている印象する受け、こんな重要部分を利き腕側で司る左のキャストとは満更、不利ではないとは、ショート・ヘッドの練習に終始した頃から抱き続けているとあって、そのヘッドの全長が2倍となった今も変わらず、日本のプロ野球界にも元々は右利きでありながら打撃フォームは左打ちとなる、所謂、右投げ左打ちの選手も多いが、これとキャスティングとの関連性も殆どなく、こうして映像を見ると4~5か月前から進歩が感じられない・・・。(笑)

 


 




[PR]
by hisuycast | 2014-09-28 12:18 |   修   行 ( 両腕 )
<<  10月5日  想像から創造さ...  9月21日  “ 手首の返し... >>