ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 9月7日  “ 引く ” から “ 弾く ” へ。

  9月を迎えた先日の練習日は午後からは雨との予報だったが、幸いにも雨はパラパラと降った程度で済んだ所か結局は晴れ間が広がり気温も久し振りに30℃を超えると、先の幸運も忘れて不満すら覚えてしまう何とも我が儘なヤツであった。(笑)

f0084561_13362391.jpg


  と言う訳で、今回も天候に恵まれ、一日を通して存分に練習が出来た一方で、今回は何時もパターンとは違い朝から左右のシングル・スペイが絶不調なままで終え、事の成り行きも懸念されたものの、夕方には左のシングル・スペイでも進展を得たが、こうした不調に陥る背景としては、どうやらキャスティングの条件を高めてしまっている点にもあったと感じ始めていた。

  これらキャスティングの条件にはウェーディングする水深以外には変換させる角度にあって、嘗ては右のキャストでも45°を目安としていたが、そもそもは、こうしたV字コートと呼ばれる場面でのキャストもない上、横からの風を受けて本来に変換させる筈だった角度を戻されてしまう状況までを想定させ、最近では右のシングル・スペイで恐らくは最大で65~70°??にも思える角度でキャストしている場面が多い・・・、と言うよりは、膝を折る動きを意識させた結果、勝手に余剰な角度になっている??・・・、こうも考えられた。(笑)

  そして、前々回の練習でスイープに加えた “ 引く ” なる意識の事態が一歩前進し、これは以前に “ 肩で弾く ” 感覚してと表現した動きの言わば “ 代用品 ” だったと直感した。
  この、“ 肩で弾く ” ・・・、これを忘れて幾程の月日が過ぎていたのかも分からない有効な意識とは、スイープの操作で膝からリア・グリップに意識を入れた後にフォア・グリップ側に該当する肩の背中側によって、丁度、背後から腕を掴まれた際に払い除ける様な感覚に近い一方、これは肩でありながらもスナップを効かせる印象でもある為、更に妙な表現に置き換えると、肩による “ 裏拳 ” と言った所で、 “ 引く ” と捉えてしまうと、その動きには軽快感が損なわれた、何処か動きが鈍いと言った状態にさせ、これが今回の落とし穴となって印象を受ける。

f0084561_13371815.jpg


  ところが、“ 肩で弾く ” と脳に解釈させた場合では、小さくて素早く動くと言った印象になり、“ 引く ” と考えるよりは遥かに妥当だったと思えてならないのだが、こんな重要な要素を直ぐに忘れてしまう辺りも、やはりセンスの問題であって、才能に恵まれた人間であれば、一度でも掴んだ感覚や動きは絶対に忘れないのだろう・・・。(笑)




[PR]
by hisuycast | 2014-09-07 13:39 |   修   行 ( 両腕 )
<<  9月14日  理想形は自然体...  8月31日  無念無想。 >>