ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 8月31日  無念無想。

  今年は冷夏になる?!との報道も一時期にはあったが、停滞した前線によって信じられない程の涼しい陽気は丁度、今週の練習日まで続くと、水漏れも直らない忌々しきナイロン製から、ネオ・プレーンのウェーダーまで用意したものの、こちらにも水漏れが発覚し、結局は厄介なナイロン・ウェーダーの出番となり、予報よりも増えた晴れ間に救われた。(笑)

 
f0084561_1428190.jpg


  斯くして、天候に恵まれた今回、懸案となる左のシングル・スペイは一週間前の感覚を維持し、ここからドリフトで両腕の状態を意識させる過程へと移ったはいいが、この作業では無意識の内に動いている左手の認識には集中力を必要とされるらしく、直ぐに精神的な疲れを感じ休憩を度々に渡って挟みながら、更なる進展を得る寸前までに至り、その後の結果にも大きな期待を抱き始めた辺りから、俄かに雲行きが怪しくなり、再び以前の悪い状態から抜け出さないまま正午を迎えてしまったから、キャスティングは楽しくもあり、恐ろしくもある!!。

  こうした急展開する事態の原因も未だに良く解らないが、やはり以前にも再三、取り上げている一つが風。
  この中でも特に向かい風やアンカー側から吹く風にあり、この日も午前の11時頃から向かい風に当たる東寄りの風が僅かに吹き始めると、先ずはヘッドの打ち返しで失敗し、この時に横着を起こす事なく、少しでも失敗したと感じた際は再度、打ち返しを行えばいいにも係わらず、つい、「 この程度なら大丈夫だろう・・。」 等と考えてしまい、ここから坂道を転がり落ちる結果を招いている・・・。

  そして、もう一つにはヘッドの撥水性。
  これが時間の経過によって鈍り、やがては殆ど素材が持つ浮力だけになると、これまで普通に出来ていたスイープを苦しくさせ、ここから彼是と数多くある注意点の見直しを始めては、やがて事態の収集も見られないと言った悪循環に陥るとは、一日を通してキャストを続けていると何かの拍子によって必ず直面するとあって、これらに対処出来得る知識や経験も身に付けている必要があるが、そうした状況に左右のキャストが同時に発症してしまうと、その対応には苦労させられる。(笑)

f0084561_14295816.jpg


  とは言え、これも毎度の事だが、右にせよ左にせよ、やはり膝を折る動きと、その後に続く腕に意識を入れるタイミングの不一致・・・。
 結局はこれらが希薄になっているとスイープが不調になり、スイープが一定の水準に至っていない場合とは全てが悪いと言った結果へ繋がるが、キャスティングの状態が良い場合とは、意外と “ 無の境地 ” にも思えてしまう精神状態に近く、意識は集中している一方で、この際には一々、膝を折った後には間髪入れずにリアのグリップを突っ張る・・・等との各箇所、各工程をも全く意識せず、ただ無心に身体が勝手に思い通りの動きを見せている印象があり、これこそが理想的な状態とも思えるから、キャスティングとは訳が解らない反面、実は、そんな精神状態が快感だったりするのかも知れない・・。(笑)

 



[PR]
by hisuycast | 2014-08-31 14:32 |   修   行 ( 両腕 )
<<  9月7日  “ 引く ” か...  8月24日  奥の手は禁じ手... >>