ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 6月29日  鞭打ち刑からの再始動。

  6月も残り僅かと迫った先日、一旦はネオプレーン製のウェダーへと両足を通しても、その直後に途方もない暑さを感じ、直ぐにナイロン製への着用に改めると、実に快適ではあるが、ソックス・タイプは後々も面倒な上、足の爪に痛みを感じるとあって兎に角、嫌いだから、いっその事、海パンが良いかも知れない・・・。(笑)

f0084561_1622594.jpg


  と言う訳で、今回の練習日は出だしの時点では好感触だったにも係わらず、お昼前には予想に反する些細な風が吹き始めた直後から思う様な練習が成り立たず、最終的には大した進展が見られない印象だったから、シングル・スペイに加え、20mのヘッドとは実に風に弱い方法だと痛感させられるとは、幾つかの悪い条件が重なった結果でもあるが、今回の様に珍しく川沿いに風が吹き抜けてしまう場合、凡そ45度の角度変換によって風を正面から浴びてしまう際はスイープでヘッドを舞い上げてしまったり、またヘッドが身体に接触を起こすと言った具合で狙った通りの練習は出来ない為、次には一転して風を背後から受ける向きへと改めると、今度は後方へ長く伸び始めたバック・ループが仇となってシュートの段階で身体やロッドにヘッドやリーダーを引っ掛けてしまい、この時にリーダーが顔や耳が鞭打ちの刑に処させられた矢先には痛くて堪らないばかりか、次のキャストでは反射的に腰が引けてしまう有様となる。

  そこで、本来は左右のキャストで風の影響が少ない持ち手に絞り、また風に応じた方法でキャストするべきではある一方、今、興味のある練習の内容とも思えずに無理、無駄な足掻きを試みていた等と言った所で、所詮は言い逃れに過ぎず何か勝手が違い、改良を加えた今回の箇所に問題があったとも考えられると、実は少々思い当たる節もあったが、キャスティングの練習とは一定の研究内容や理論を試して検証する作業でもある、、、と、こんな例えはカッコイイ?。(笑)






[PR]
by hisuycast | 2014-06-29 16:04 |   修   行 ( 両腕 )
<<  7月6日  思惑の過失責任。  6月22日  ネックハンギン... >>