ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 6月8日  濁流からの応答。



  暦が6月へと移り変わっていても、やはり雨の日だけは好きにはなれず、次回の釣りへは梅雨入り前に迎えたい所だったが、西日本に大雨を降らせた低気圧は北海道に35℃を超える記録的な暑さを齎した高気圧に阻まれて停滞した結果、関東の天気予報も俄かに悪い方向へと変わると、挙句の果てには本来なら難なく通り過ぎていた大雨の一日と鉢合わせすると、以前であれば揺るがない釣りへの意欲も、今となっては 増水に向かう状況の釣りも無駄・・・、」 こんな冷めた判断が出来るお年頃になっていたのだろうか・・・?。()


f0084561_14241894.jpg


  斯くして、今回は再び毎度の練習とはなった一方で、幾ら雨を避ける為とは言え、高架下と言う状況も好きではなく、こんな所で一日過ごすには時間を持て余してしまうかと思えたものの、終わって見れば時間も惜しまれたが、これは要するに悔いも残った為で、予想以上の雨量によって川の水位も見る見る内に急上昇させると、ゴミの流下と言った邪魔者は兎も角、背後のキャスト空間の問題に加え、よもやの急流では90cmのウェーディングも困難とさせ、真っ当な練習すら儘ならない状況になってしまったから、この目的も本来は断念すべきで無理矢理に決行していたと言った面も大いにあって、右岸であるが故に、右のシングル・スペイではヘッドを大増水した流れを真面に受ける格好で配置させる事で流下した枯れ木や草等を引っ掛け、これらを免れたとしても、急流によってヘッドの太い部分から真横に強く引っ張れた状態からスイープだけでも通常は有り得ない状況とあって非常に厄介な上、更に急流を支えながら、更に、カケアガリの傾斜箇所に立つ事で右脚を前に出す時点で知らぬ間に前傾姿勢になってしまうと全く以って拷問にも似た状態でもあった。()


 

f0084561_14245163.jpg


  その点、左のシングル・スペイは右岸で本来、使う方法とあって比較的、楽とは言えたが、川筋に沿って配置したヘッドではあっても、やはり増水した流れによって普段とは著しく引っ張れられる作用が発生しているが、にも係わらず、この重みを意に介さずに強く弾き飛ばすスイープが等々左の操作にも備わりつつある確かな手応えは感じられたから、無理な練習でも少しは役に立っていたと思いたい・・・。()





[PR]
by hisuycast | 2014-06-08 14:27 |   修   行 ( 両腕 )
<<  6月15日  シングル・スペ...  6月1日  再生の利根。 >>