ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 5月11日  無意との遭遇。



  5月の連休が過ぎ、利根の水源域にあるダムの一斉放水も一段落し、利根も概ね平水にまで回復して迎えた折角の休日は東北地方を通過した低気圧によって午後から雷雨に見舞われ、その後は暴風との予報では仮に釣りを選んだとしても、中途半端に終わるとは目に見えていた事から、散々迷いつつも結局は再び毎度の練習へと出掛けてしまった先では、完全な新緑の季節を迎え、実に清々しい光景だった一方で、まとまった雨は長らく降って居らず川の水位は酷く減水してしまった事から、90cm規定に合わせるべく既存の投擲濠を全て再度の掘り直しを余儀なくされたが、水質に関してはお手上げでヘドロ状に腐った藻が絶えず漂っている様子は ヘラ池 を彷彿とさせた・・・。()


f0084561_17025926.jpg

  斯くして、よもやの練習ではあっても、日々の素振りによって一定の手応えを感じていた左のスイープ動作を試す絶好の機会によって僅かながらでも進展は確実に見られると、次にはシュートの体勢に切り替わる動きを見失っていたとは、前回の練習からリア・グリップへの意識を高める試みが仇になっていたと考えられる。

  通常、スイープ後のドリフトではロッドを急停止させた状態を維持させてアンカーを迎い受けると言った格好を、そのままショート・ヘッドにまで移植した場合では即、アンカー抜けを招くとあって、この際にはスイープの後には逆にロッド少し立ててヘッドを迎え討つと言った感覚の癖から特に抜く出せない為、恐らくシュートの際には先ずフォア・グリップから起動させた直後にリア・グリップを意識させて引き付けると言った従来通りの工程を良くも悪くも見失っている印象を持った。

  とは言え、明らかに感じられるスイープ自体の操作は日々の素振りによる成果と言える一方、毎度の事ながら左の操作で状態が上向きにある時とは何故か右の操作は逆に下降している場合が多いとは、正しく当時の状態にも言え、右のスイープ操作は暫く素振りの時点から本来の動きを見失っていたから、左右投げとは有意義で楽しい面を多く含んでいても、その裏には恐ろしい一面を兼ね備えているが、こんな時には、左右の立場が逆転し、今度は左の操作がお手本になる場合が多く、それらは極々些細な狂いに過ぎない例も実に多い。

f0084561_17032927.jpg

  そこで、今回に辿り付けた右の操作にあった欠陥とは、ほんの僅かな遅れにあって、状態が良い時とは打ち返しの操作によって凡そ3m分のオーバーハングをリリースし、ここからヘッドが水面へと着水する前の段階から、既にスイープの体勢を整い始めていると言った手順だった一方、状態が悪い場合では、ヘッドの着水を見届けた後にスイープの体勢へ移っていたと言った段取りになっており、その遅れた分によって撥水性も衰えてしまったヘッドを水面から引き剥がしてスイープから弾き飛ばす作用を不十分にさせた挙句、彼是と悪足掻きを企てると言った悪循環をも呼んでいたと言った図式は後にして見ると実に些細な内容に過ぎない反面、無意識の内に取り入れていた必要不可欠な動きを一旦でも損ねてしまった際には、只々、首を捻るばかりで一切の策も持たず、その無意識の部分が残っていた際には何処かで必ず行き詰る場面に直面する・・・。()


 




[PR]
by hisuycast | 2014-05-11 17:04 |   修   行 ( 両腕 )
<<  5月19日  アッサリ、サッ...  5月4日  ヘッドの撥水性が... >>