ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 3月20日  オーバーハングによるスイープの作用を考える。


 前回にオーバーハングの作用としてアンカー位置がキャスター側へ接近すると挙げた一例を今回は少し掘り下げるが、これらは飽く迄も傾向に過ぎず、その操作は勿論、ヘッドの仕様によっても一様ではない為、ここでの前提は一切のリア・テーパーを持たないヘッドをオーバーハングが全く設定しない場合と、もう一方はオーバーハングが長い例としているとは言いつつも、大学の研究チームの緻密な分析ではないので全く正確性はない。(笑)
f0084561_15585485.gif

  その反面、一応の根拠や確証を得た上での内容ではあって、そもそもシューティング・ヘッドをキャストする際のオーバーハングとはWFラインの中でも特にはリア・テーパーに近い作用が生じているとは経験者であれば誰もが認める部分であると同時にシューティング・ヘッドはWFラインの発展型であるとあって、シューティング・ヘッドのキャストには一定のオーバーハングは有効であるから、逆説的に言えば、オーバーハングさえ設定すればシューティング・ヘッドに見られるリア・テーパーは大した役割を持たないと言える。
f0084561_15593349.gif

  これにも係わらず、何故リア・テーパーがあるのかと考えると、フォウルを伴うシングルハンド・ロッドは兎も角、ダブルハンド・ロッドの場合、恐らくはオーバーハングによるキャスト操作の悪影響と言った謳い文句が思い当たる以外では商品としての説得力を持たせたい等も考えられるが、そんなリア・テーパーですらもスイープが苦しい等として切断して使う例もあると聞くから、実に勿体無い話であって、この際は細くなったランニング・ラインによってシュート後の摩擦抵抗を低減出来るだけの利点しかなく、その以前ではDTの操作と何ら変わりはない。

  そこで、以上の前提を踏まえた所で本題に戻ると、下に添付したスイープ時の様子を先の例と重ね合わせたアニメを見れば一目瞭然。ここには冒頭の通り正確性には欠く部分もあるものの、リア・テーパーのないヘッドをオーバーハングもなく操作した場合の動きとはロッド・ティップが描く円軌道を忠実に再現し、またロッドのトップ・ガイドから太く重いスペイラインである為、ロッドを急停止させた際には、その重みによってもロッド・ティップを余分に曲げながら支点となるキャスターを中心に巻き込む様な④から⑤の状態で推移し、こうした作用がヘッドの先端にも伝達した結果、アンカー位置がキャスターより離れてしまう。
f0084561_1559575.gif

  この現象については、要するに長いオーバーハングからシュートした際にはヘッドがナローな形状で飛行する原理と概ね一致し、オーバーハングによってヘッドがスッポ抜ける様?に弾かれる等と表現出来る。

f0084561_16132641.gif

  とは言え、これにも一長一短があり、この通りにオーバーハングがない場合は余計な動きを作り出し、また、それらをヘッドが再現してしまう一方、ヘッド全体としては常に何らかの作用が働いているが、細いランニング・ラインで構成されるオーバーハングの部分に関しては軽く剛性に欠くとあって運動エネルギーの蓄積は殆どなく、その操作にも無理を伴う為、無駄に馬鹿長いオーバーハングは必ずしも有利とは言えず寧ろマイナスに傾くとも考えられるから、何事も程々が丁度良いのだろう。(笑)




[PR]
by hisuycast | 2014-03-20 16:15 |   回   想
<<  3月24日  スイープに見る...  3月16日  成り行き任せの... >>