ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 2月23日  低く、肩で弾け。


  関東南部の山沿い地域から山梨県に掛けては甚大な災害に匹敵する大雪を齎した、その爪痕とも言える痕跡は、あれから一週間が過ぎようとしていた先日にも見られ、毎度の練習へと向かう道中には走行帯の中程に巨大な雪の塊が所々に取り残された光景を目の当たりにした時点でも、その先に待ち受けた魔の手には全く想像も付かず、いざ河原まで到着した途端、日当たりは十二分にも係わらず殆ど雪原の状態を維持し、途中にある悪路の吹き溜まりではスタックを強いられつつ、ようやく目的の地点まで辿り着くと言ったドタバタのお蔭だったか、寒さは完全にすっ飛んでいた。(笑)

f0084561_12292667.jpg


  そうなると、寒ささえ感じなければキャストにも大きな進展が期待され、一週間振りにしては左右のシングル・スペイは朝から比較的好調だった一方、こんな時は得てして尻つぼみになる傾向は今回も免れず、午後には左右共に狂い出してしまった要因の一部には、やはり強まり始めた季節風の影響が挙げられ、気温が低い午前中よりも明らかに寒さを感じ始めると、次には当然これを避けるべく、大きく蛇行した風裏となる川筋の少しでも風が弱まる場所を転々と移動しながら、風は極力、背後から浴びる方向からのキャストはシュートでは有利に働くも、スイープでは向かい風となり、オーバーハングが長い状態では殊更に悪く作用し思い通りの練習を果たせずキャストを崩壊させるから、一週間の半分は風が強まる今の時期は全くタチが悪く、更に今回の大雪によって周囲を取り囲んでいた篠の林をペチャンコに押し潰しては、ご丁寧にも風通しを向上させてしまっていたのだ。

  斯くして、日も傾き一日の練習は全く成果なく終わるのかと考え始めた頃、幾分、勢力を弱めた季節風によって少し下流に移動した風裏地点から練習を再開した途端、キャスティングの状態は左右共ども見る見る内に回復を始め、辛うじて一週間前の感覚を取り戻すまでに至り、気が付けば、そこまでには 「 低いスイープから肩で弾け! 」 と言った呪文も繰り返し唱えていた。(笑)




[PR]
by hisuycast | 2014-02-23 12:31 |   修   行 ( 両腕 )
<<  3月2日  一進一退の春。  2月15日  風切り羽のバッ... >>