ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 2月2日  既定路線の無理矛盾。

  1月も最後となった先日は再び季節風が吹き荒れてしまえば最早、思う様な練習は出来ず、シングル・スペイも風に対しては全く弱いキャストの方法ではあると改めて思い知らされるばかりか、長いヘッドはキャスティングには広い空間も必要とされるとあって、一週間の内、3~4日は風が強まる2月は受難の時期でもあるとは、十分承知の上であるから要は物事が上手い具合に運ばず、単に愚痴を漏らしているに過ぎない・・・。(笑)

f0084561_12143577.jpg


  とは言え、幸いにも気温に関しては高く断続的なキャストを可能とさせた為、亀が歩む程度の進展は左のシングル・スペイにも見られて一週間前よりスイープは上達している一方で何処か無理、矛盾を感じさせるとは、元々から投擲台からキャストしている操作を取り入れた動きを日々の素振りから身体に覚え込ませていたばかりか、今回の修正点でリア・グリップ側を上下方向に半円を描く動きを広げたとあって、リフトからスイープに移る際、左の操作だけはリールを水没させてしまう傾向が強い反面、この際には濡らした指先によって冷えてしまい避けようとする全く相反する意識も働くから、思わぬ所で抜本的な対策が求められ、素振りの際にもヘソの下まで立ち込んでいる状況からスイープの構えを強固に再現する方法も探し出す必要があるらしく、検証と失敗の繰り返しは既定路線を進んだつもりでも結局は続くらしい・・・。(笑)




[PR]
by hisuycast | 2014-02-02 12:15 |   修   行 ( 両腕 )
<<  2月6日  仁義を切り、スイ...  1月28日  腹式キャスト法!?。 >>