ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 1月18日  スイープはヘソで構えろ!。


  一月の第三週目となった先日、最高気温は取り敢えず10℃前後に達し、近頃としては十分暖かい陽気ではあったにも係わらず、当日に毎度の練習場所では風裏とはならず些細な風を浴びただけで寒さに耐えらずに練習の効率も悪く今回も大した進展がない所か、右のシングル・スペイに関しては一週間前よりも精彩を欠いている印象さえあるから、今年の冬は兎に角、寒いし、晴れても寒い、指は霜焼け!!と、全ての原因を寒さに押し付ける。(笑)

f0084561_1244432.jpg


  斯くして、毎日とは行かないまでも、連日の練習が出来る環境が如何に恵まれていたかを痛感させられる一方、スイープの弱い左のシングル・スペイを更に改善させる一端は掴めた印象はあり、この一つは自身が以前に発言したスイープの構えでリア・グリップを前へ突き出す際には 「 手の甲で水を掬う感覚で・・・ 」 等との表現は、即ち垂直方向に半円を描く意識と直結し、これを更に維持させた結果、リア・グリップ側の前腕部分だけはフォア・グリップと相反する下から上へと押し上げる格好となって肘を突き出し垂直に曲げた状態の再現に適していたと判った。

  とは言え、左の場合は依然として何かが不足しており、先の動作を終えた際、右の場合では不思議にもリア・グリップを握る腕に当たる左側の大胸筋に力が加わって動きを補助していた印象を受けたものの、同じ動きを左で行った場合は何故か大胸筋は大した機能を見せずに腕に頼るしか策がなかったが、この時に腹筋を意識し力を加える事によって、何故か左の動作と限りなく近い感触と感覚を得られると新たに発見すると、あのジェームズさんの動きも同じ意識から作られていると思えてならない。(笑)

f0084561_12443622.gif

               http://youtu.be/z_2ctU-wQ2U




[PR]
by hisuycast | 2014-01-18 12:45 |   修   行 ( 両腕 )
<<  1月22日  握る、掴む、固...  1月13日  左右別人格への意識。 >>