ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 12月23日  縹渺のオーバーハング。

 
  ふと、思えば毎年の12月中旬頃には丁度、本格化する寒波等の到来によって大荒れとなる天候は毎年の傾向に見られ、今回も12月に入り3回目となった先日の練習日は数日前の予報から一転した荒れ模様となって朝から見舞われた冷たい雨を凌いで久し振りに高架下へと潜り込んだ所で、寒さだけは全く防げずに凍えて感覚を失う指先を定期的に温めながら練習を繰り返しつつ過ごして昼食を済ませた途端、今度は風まで強まると、寒さに負けて早々と撤収する羽目になってしまった分は正月の休みによって取り返してやろうと、これも毎年の恒例になっていた気がする・・・・。(笑)
f0084561_1237412.jpg

  斯くして、一週間待ちわびた練習としては全くの不満足だったものの、改めたスィープの効果は等々、左のシングル・スペイにまで還元され、嘗て10mヘッドから得られた印象や感触と極めて近いキャストの片鱗は少なからずは現れていたとは、特に右のシングル・スペイが該当し、思えば真っ直ぐと延びて懐に飛び込んで来るヘッドの先端を迎え撃つ格好でシュートすると言った今の練習を始めて以来から消え去っていた感覚が甦ったが、これは恐らくは長いオーバーハングのキャストだけが得られる独特の感覚と思えてならない。
f0084561_112457100.gif

  その一方では、オーバーハングの長さ普通に設定した状態からのキャストを知らないとも言える訳だが、今回の練習でも寒さ対策によって2枚重ねた手袋ではオーバーハング分のリリースに失敗し、そのついでに1m程のオーバーハングからキャストする試みも度々あり、こうした状態とは本来であれば扱いも容易で良い結果にも巡り合える筈にも係わらず、こんな時は3mと近い切れ味鋭い印象には全く至らず、何かフニャ!と腑抜けた感覚しか残らず、ここにある違いが単なる長期に渡る慣習と言った問題に限定されるとも考え難いとは言え、そこにあるオーバーハングが齎す作用の原理、現象が未だ明確に理解出来ず有耶無耶が晴れない反面、兎に角にもヘッドの長さは10mでも19mでも結局は何ら変わりがなったとの立証は果たせたつもりでいても、27mのヘッドには手を出したくはない・・・。(笑)



[PR]
by hisuycast | 2013-12-23 12:37 |   修   行 ( 両腕 )
<<  12月29日  不覚の踏む込み足。  12月19日  ダウニー式 ... >>