ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 12月17日  ジェラルド・ダウニーに見る “ リア・ドライブ・リフト ” の新基準?!。

 
  今回は、前回の時間差的に動くとした上下のグリップを握る左右両腕について明かすとしても、その前に、先ずは、一つの勘違い?・・・と言うか、リフトの判断基準?にある曖昧な面から生じた些細な誤解とも言える部分から整理する必要があるとは、要するに、投擲台からのキャストと腰までウェーディングした状態からのキャストでは当然ながらリフトの量?とも言える大きな違いがあり、自身の練習は後者であったにも係わらず、この所は投擲台からキャストする映像を基準に日々の素振りによって動きを浸透させてしまったと言う根本的な間違いを仕出かしていた結果が先日の練習で左のシングル・スペイに現れていた。(笑)

f0084561_13165466.gif


  そうなると、一口にリフトとは言っても、投擲台やウェーディングと言った状態によって開始時点の解釈としては全く異なり、仮に高さに余裕がある投擲台からキャストする場合は、ロッド・ティップを腰の高さよりも下へ向けた状態を作り出せる一方、これを腰近くまでウェーデンングした状態から試みた際にはロッドを水の中へ突っ込む羽目になってしまうとあって通常であれば咄嗟に避けている筈だが、左のキャストでは日々の素振りによって正に、こうした行動を気が付くと行っていた。(笑)

  そこで、先2つの例で挙げた高低差と状況によるリフト操作の違いを考えた場合、投擲台から行うリフトの起点とはロッド・ティップを下げた状態が含まれ、この際に毎度のジェラルドが行う動きは先ずロッドが水平地点へ達する迄の工程はフォア・グリップだけで操作していると見え、この凡そ水平地点を境にしてフォア・グリップにリア・グリップを加えた動きからリフトを行っているとしか思えない。

f0084561_13171665.gif

              http://youtu.be/z_2ctU-wQ2U

  よって、オ・ラマ規定によるウェーディングした状況下ではロッドを水平よりも下げる動きは本来、有り得ない状態であるとあって、前記したフォア・グリップだけのリフト操作を考える必要も全くなかったにも係わらず、投擲台からの操作と混同したあまり、時間差的な動きと勘違いを起こした結果、フォア・グリップを必要以上に高い地点まで上昇させると言った失敗を繰り返す羽目になっていたから、少なくともオ・ラマ規定の場合ではロッドが凡そ水平の状態からリフトを考えるだけで事が足りる為、この際の上下グリップは同時作動だった。(笑)
f0084561_13184644.gif

 

  ところが、リフトと言えば今迄はリア・グリップを支点とし、フォア・グリップ側を文字通り持ち上げる動きによって操作し、この方法が自身としても妥当だと考えていたものの、つい最近になり、例の L字アーム・クラッチ!?に則る体勢を整えるに当たっては、その難易度と重要性ではリア・グリップ側の前腕部は極力、水平に近い状態の再現が優先するとあって、先ずはリア・グリップを前へと押し込む?様な動きから真っ先に意識させる必要があった。

  すると、実はリフトの起点も事実上はリア・グリップにあり、先の前腕部を押し込んだ動きを受けた同時作動によってフォア・グリップ側を持ち上げていたから、フォア・グリップで操作するとされた今迄でのリフトにあった考えも根底から覆らせてしまったが、操作に対する考えも簡素化されて頭の中もスッキリ!している。(笑)





[PR]
by hisuycast | 2013-12-17 13:21 |   修   行 ( 両腕 )
<<  12月19日  ダウニー式 ...  12月15日  上下左右の脳... >>