ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 11月24日  高見盛に見る振り子の理論!?。

 
  この所、関東平野でも朝は冷え込むものの、日中は晴天下にも係わらず風の穏やかな日が続く11月特有の気象は練習にも絶好の条件として、今度こそ納得の出来る成果が期待され、朝に練習を開始した当初、右のシングル・スペイに至っては一週間の素振りが功を奏したのか、一切の思考を捨てた自然な動作から既に比較的納得の出来る状態であった為、本来は、その維持だけに努めるべきだったのかも知れないが、これと対極にあった左のシングル・スペイから気付いた内容を良かれと思い右のキャストにも組み込み始めた辺りから、俄かに雲行きが怪しくなると、挙句の果てには右のキャストまでもが呆気なく崩壊した。(笑)

f0084561_15575170.jpg


  斯くして、今回も撮影した映像から比較検証した限りでも、最終的には本来の方向性としては殆ど進展もなく終えた格好とはなっていた反面、この失敗によって改めて感じられる内容には、やはりジェラルド式の動作から得られるスィープの効果は未だ不完全ながらも絶大な効果を生み出すが、これを充分に発揮させる条件の鍵を握る箇所は腕であり、中でも特にはリフトを終え、スィープを開始する時点に於いたリア・グリップ側となる腕の状態にあって、これを常に維持出来れば、この所の課題は殆ど解消されるだろうから、ジェラルドの真似自体が実は非常に難しく、これまでとは完全に相反する考えによって成り立っている。

  現在でも3mのオーバーハングは定着した一方、過去の10m程だったヘッドを16ftのロッドから扱う際にはアンカー抜けにも苦心を強いられ、やがて辿り着いた手法としては両脇を占め、両腕を極力は身体と密着させる意識を持たせる程の窮屈な状態から構築させた理論から得られる動作だったが、今目指すジェラルド式の方法では脇は解放させ、両腕を極力は身体から遠ざけたまま如何に作動させるかを追及した手法と思えてならない。

  そこで、ここに存在する観点としては、先ず “ 遠心力 ” や “ 振り子 ” と言った言葉が浮かび上がり、スィープの動きによって身体から離れた地点に位置した分、ロッドが移動する工程をも稼ぎ出すが、この時は身体から遠い分、同時的に遠心力をも増大させ、 このサイト から、仮に質量を2kg、回転速度を2rpsとの設定から回転半径の違いで得られる遠心力の数値を比較した場合、50cmでは16.1027kg重だが、25cmでは8.0514kg重まで減少する。

  ここから、ロッドを遠ざけたスィープが有利とは言え、腕は真っ直ぐと伸ばした状態から操作自体にも無理を伴い、また、この際の条件にも様々あるとは考えられるものの、一つ感じる要点として、特にリア・グリップ側を支える腕の肘は、どうやら直角付近が最も効率良く作用するとはジェラルドを見ても感じるのだが、この際にリフトからスィープの体勢へと移るまでは何処かロボット的な動きになると思えてならなかった。(笑)
   








[PR]
by hisuycast | 2013-11-24 15:59 |   修   行 ( 両腕 )
<<  11月28日  局所的平衡感...  11月19日  未知なる無知。 >>