ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 11月16日  仮免許皆伝?。

  毎回、毎回、今度こそ成就させるとキャスティングの練習へは意気込んではいても、いざ映像として捉えると、その完成度は歴然としており、先日もスィープ時のリア・グリップには最大の注意を払っていたつもりだったにも係わらず、その様子をビデオカメラは容赦なく克明に記録していた一方で、そこには一定の進歩も感じていたから、練習は嘘もつかない反面、決して裏切らず、ここが魚釣りとは全く異なって高い優先順位を与えてしまう要因となっているのだろう・・・。(笑)

f0084561_1516489.jpg


  斯くして、先日の練習でも結局は目標迄には及ばなかったものの、今回で判明した一件もスィープ時のリア・グリップに対する操作にあって、これまでの腕に頼った動きには限界を感じていた事から、リア・グリップ側を握る腕も固定させ身体を回転させた結果として腕を突いた状態を再現させるべきとは感じ始めていた一方、この時の具体的に意識する箇所と言った観点に関しては実際に検証した上で判断する必要があった。

  そして、この結果をズバリ挙げると、軸足となる膝にあって、少し前に角度変換のボディターンは後方側へ配置させた足の膝を内側へと意識的に曲げる事によって自動的に身体全体が回転すると紹介したが、この際に 膝を折る 動きとリア・グリップを突く意識とを同調させる事で極自然に実現するとの方法で簡単に一件落着した。

f0084561_1517255.jpg


  また、これ以外では重心移動で、以前はヘッドを打ち返す操作によって前荷重にあった状態のままスィープへと移ってしまったものの、この荷重位置を一旦は中立化させた後にスィープを開始させる方法へと改め、この2つが釣り合っただけでもロッドのバット側がグオン!と曲がっている様子が感じ取れると、楽しくて病み付きになったが、この方法としては、これで初めて仮免許を貰えた程度なのかも知れない。(笑)




[PR]
by hisuycast | 2013-11-16 15:18 |   修   行 ( 両腕 )
<<  11月19日  未知なる無知。  11月13日  水面摩擦が織... >>