ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 11月5日  相反の軌跡。

  さて、前回に引き続きリフトに感じた内容をお披露目する前に、これは説明するにも難解であると同時に個人個人によって解釈も異なる可能性があると毎度の注釈から始めるとしても、ここにはある意味で矛盾との戦いと言った一面を持つが・・・、矛と盾で話題となったTV番組はヤラセ問題が表面化した関係から、暫く放送を休止するらしい・・・。(笑)

                  

  と言う訳で、逸脱した話を戻すと、リフトと言う垂直方向の動きに対し、スィープは水平に近い方向から開始され、相反する2つの動きが切り替わる過程が個人的には矛盾があると感じられる反面、事実上、リフトとスィープの変わり目を明確な線引きは不可能と言うか、分ける必要性も感じないから、実際は垂直でも水平でもない斜めの動きが存在し、この境界に迷いがあった。
f0084561_16575147.gif


f0084561_14515855.gif











  これは少し前にもジェラルドがロッドの握りをリフトからスィープで持ち替えていると紹介した通り、リフトとスィープを効率良く操作するに当たっては手首の向きを意識的に変える必要があり、ここから縦方向の動きであるリフトは両手の掌と甲も垂直になる一方、横方向の動きから始まるスィープは前後のグリップが上下で掌と甲の逆転する水平方向から握った状態で操作する必要があった関係上、この矛盾する2つの動きの存在を認識し、また意識した上で操作するべきであったから、これ即ち白でも黒でもない曖昧なグレーゾーンは一般社会では格好の逃げ道と成り得ても、ことキャスティングに限っては絶対に許されなかった。(笑)
f0084561_1633161.gif


f0084561_13192194.gif

  そこで、先ずはリフトから改めるとして、前回の中で例示したリア・グリップを支点として完全に固定しフォア・グリップだけの操作ではロッドに対し余計な角度を与えてしまう為、リア・グリップ側も上昇させロッド全体で操作するべきであった上、更にリフト操作を終える迄にはスィープに備えて左右の握りを縦から横方向へと切り替わるも、これらは当然ながら断続的な操作である必要がある結果、2つの動作を繋げた際は上ロッドを上昇させる縦の軌跡を描いた後はスィープへ切り替わる為の斜めの軌跡が交わり合った曲線が描かれると言った縦でも横でもない動きに対する理解も要求され、そして、この間の操作が最大の山場にして最も集中する瞬間であるから、慣れる迄は精神的にも結構疲れてしまい、気晴らしに行う除草作業に係わる時間も知らぬ間に増えている・・・。(笑)




[PR]
by hisuycast | 2013-11-05 15:14 |   修   行 ( 両腕 )
<<  11月10日  鬱積の薄暮。  11月3日  リフトの原点回帰。 >>