ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 11月3日  リフトの原点回帰。

  改めたリフトからスィープの動作も日々の素振りでは既に違和感も一切消え、意図する動きは完全に定着したと思い込んでいたものの、先日の練習ではシングル・スペイは左右共に何か腑に落ちないまま一日を終え、これらの要因を一語で言えば “ 油断 ” に他ならないのだが、このお蔭で今度こそ目指すリフトとスィープの本質が見え始めると、ここには大いに納得させられる反面、これらは恐らく多くの方にとって遥か昔に習った基本の「き」の字に過ぎない程度の内容だったのかも知れない・・・。(笑)
f0084561_15384336.gif


  斯くして、リフトが水面と密着しているラインを引き剥がす動作である以上、これを効率的に行うに際して極普通に考えた限りロッドの先端は身体の延長線上と一直線とした位置関係となる “ 垂 直 ” に上げて引き剥がすと思われるも、この時のリア・グリップを握る手の親指は上に位置し掌と甲は横をそれぞれが向いているが、この状態のままスィープへ移るには10月23日に取り上げた通りの無理、矛盾が生じて実に都合が悪い。

f0084561_16575147.gif

  更に、やはりリフトの際にリア・グリップを支点としてフォア・グリップのみで行うとの考えが、仮にアンダーハンド・キャスト等では正しかったとしても、この場合のリフトはロッドの角度を高め、この角度が多い程、ロッドの先端は上を向き、ここからスィープの操作としてリア・グリップを押し込むとロッドのグリップとティップに高低差が生じた分、ロッドには角度に応じて徐々に上方向へ曲げる作用が加わり、この趣旨に則るオーバーヘッドのバック・キャストには都合が良い反面、ロッドを水平方向から曲げ始めたいスペイキャストのスィープにはロッドを斜め上へ曲げる格好となった結果、水面から離水した直後からヘッドを上へと反り返えらせる現象となって現れ、今迄、この点に気付けずに大きく遠回りをしていた・・・。

f0084561_1633161.gif


  そこで、これらを踏まえた結果、リフトの操作とは一体どうなるのか・・・。これはアニメ制作の都合上でも次回のネタとして紹介したいのだが、これまた複雑にして微妙な動きとなって、その再現は非常に難しい・・・。(笑)


 

[PR]
by hisuycast | 2013-11-03 16:37 |   修   行 ( 両腕 )
<<  11月5日  相反の軌跡。  10月30日  重力加速度が... >>