ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 10月30日  重力加速度が生むボディターン。

  ここ数年、スペイキャストでもアンダーハンド・キャストの “ ボディターン ” なる言葉が用いられ、これを真に受け、そのまま行動へ移すとスィープの動きは忽ち崩壊する反面、角度変換の際には避けては通れない動きとの矛盾点を持ち、これまで自身としても手探り状態の中から辛うじて実行していたに過ぎないと言えたが、足の動きを改めた事が発端となって先日の練習で一件落着してしまえば、簡単にして、極自然な動きを再現させ、直ぐに定着して馴染んでしまうから、普通こんな所では躓かないのかも知れないのだろう・・・、と言う訳で、前回の角度変換を容易とさせた方法も結局はアッサリ公表しよう!。(笑)

f0084561_11413771.jpg


  但し、この時に両足の配置は一切関係なく、シングル・スペイで前側に置く足は右、左を問わず、また両足を揃えた状態でも一応構わないと言った万能性を兼ね備えるものの、ここでの “ ボディターン ” とはアンダーハンド・キャストの定義や解釈とは異なるとも考えられ、また通常であれば腰を回転させるとの考えで一般的には済むのだろうから、以下は競技に特化した動作となるのかも知れないが、この際、意識すべき箇所は足にあり、一方の足だけに捻りを与える事で身体は流れるかの如く滑らかに回転した。

  これは両足の支えによって安定した状態が崩される仕組みの応用に該当し、仮に右足を一歩踏み出した体勢からスィープした場合では左足によって支えられており、ここで左足の膝を爪先と同じ方向へ折り曲げた際、そのまま後方へ倒れ込む格好となる反面、次に膝の関節を内側へ向かって曲げた場合では、ここに捻じれる作用が生じ、その上にある身体も回転しながら崩れ落ち、その結果が “ ボディターン ” を生み出していたから、腰や両肩、骨盤等、これらを “ 廻す ” と言った意識は全く不要で寧ろ邪魔な試みに過ぎなかった。

          

  更に、映像の中で身体に見立てたゴム板は “ 落下 ” しているが、兎角 「 加速させる様に・・・。 」 と表現されるフライフィッシングのキャスティングとは、物体が落下する際の “ 重力加速度 ” によって誰しもが簡単に実現出来てしまい、また今回の場合では落下によって発生した回転力は腕を介して特定の “ 力 ” を無にしたスィープを再現させ、これらを知った時点から角度変換が実に簡単で楽しくて病み付きになりそうではあっても、ここで一つ注釈を加えると、後ろ側に位置した支え足となる膝を曲げる事でスィープしたヘッドはベリー側から着水する傾向が強まる為、これを一応考慮する事、また、この動画の “ 支柱 ” は “ 足の膝関節が曲がる方向 ” を実現させる為の配置で “ 実際の足先が指し示す方向 ” とは基本的には関係がないのだが、ガニマタの足では無理を伴うだろう。(笑)




                         
[PR]
by hisuycast | 2013-10-30 11:45 |   修   行 ( 両腕 )
<<  11月3日  リフトの原点回帰。  10月26日  ボディターン... >>