ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 9月1日  未知なる現象。


  猛烈な暑さから一転して暫くは涼しい日が続いた関東も、8月最後の練習となった先日の最高気温は再び36℃に達したが、既に戸惑う事もなく直ぐに順応して目一杯の練習が果たせると、左のシングル・スペイにも後ろ放り投げドリフト!?を意識させた動作感覚のキャストに一歩近づいた代償だったのか、右では朝一番の状態を境に練習を重ねるに従い悪化の一途を辿ると言った過去の出来事を今回も再現していたから、左右の投げ分けとは実に恐ろしくもある。(笑)

f0084561_14555425.jpg


  これらの現象も一言で片付けると、力み、気負いと言った範疇となるのだろうが、今回の要因で一つ実感していた箇所には身体の軸をスィープによってヘッドを背後へ弾く際、一定限度以上に傾けてしまっていると感じ、これがオーバーヘッド・キャストとは最も異なる身体の動きに該当すると言えるのかも知れない。

  とは言え、オーバーヘッド・キャストにも様々ある為、これもディスタンス競技の世界に限定されると言えるのだろうが、近頃はスィープをバック・キャスト的に後方へ放り投げる様なバック・ループの形成を目指すあまり、重心までも過度に後方へ移動させてしまった結果、ロッドの先端部分は水面の方向へ作用し、バック・ループを最終的には叩き付ける?と言った適切な表現も難しい状態になって失敗している場合が多いのではないかと思う。

  そして、こうした状態こそがスィープの初期段階でヘッドが上へ反り返る現象を生んでいると考えられるものの、これをオーバーヘッド・キャストに置き換える場合では180度逆転し、ヘッドを後方高くへと舞い上げるには好都合の状態だったのではないかと感じているが、オーバーヘッド・キャストは更に未熟な知識がない為、単なる想像には過ぎない。(笑)

  この一方、オーバーヘッド・キャストの映像を見ると、バック・キャストの際、身体の重心は完全に後ろに移動させているから、強ち間違いとは思えず、こうした状態はスペイとなると完全にご法度となるらしいとは実感しているが、実際は更に肝心な未知の現象と密かに直面している様な気がしている・・・。(笑)





 

[PR]
by hisuycast | 2013-09-01 14:58 |   修   行 ( 両腕 )
<<  9月8日  真理を知るには過...  8月25日  G から J へ。 >>