ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 8月25日  G から J へ。


 長らく低迷を続けていたキャスティングの状態も、先日の練習によってトンネルを一つ抜け出て一皮剥けつつあると言った印象が見受けられ、ヘッドが飛行しターンする迄の様子も今迄とは違った何処か暴力的?と言うか、稲光をも彷彿とさせる嘗て10mヘッドで見られた既に忘れつつあった感触が甦り、気が付けば、これこそが本来に目指していた姿であり、霧の向うに霞んでいた幻影が明瞭化を始めた・・・とは些か大袈裟かも知れないが、これも今や日本でも競技の世界では誰もが実践している古典的な手法が右のキャストに関しては多少身に付き始めただけに過ぎないのだろう。(笑)



  斯くして、20m弱のヘッドでも10mヘッドと近い感覚でブン投げる感覚を取り敢えずは掴み始めた反面、この過程では全く予想外の展開も見られ、この所は自身としてもジェラルド・ダウニーをお手本にしていたつもりだったものの、ふと気が付けばジェームズ・シャルマースの如くに高低差を活用した動作に傾斜していた一方で、これをスネーク・ロールへと、そのまま取り入れた場合は全く機能せず、トラビス・ジョンソンやローリー・コステロの様に前後動を重視した感覚によってキャストすると良い方向にあったから、全く一貫性にも欠いていた。(笑)

  とは言え、これもキャスティングの醍醐味と同時に、更にはSpey-O-Rama規定の面白みであって、左右に加え、2種類のキャスト方法までもが交わると一人でも飽きる事無く練習し、一日もアッと言う間に過ぎてしまうから、お遊びが実に安上がりで済んでしまい経済性にも優れているが、左からの大根切りシングル・スペイはヘッドを高く舞い上げてはシュートのタイミングを外して左肩の三角筋へ負担を掛けているらしく未だ筋肉痛・・・、具志堅さんも無理しないでね!。(笑)





 

[PR]
by hisuycast | 2013-08-25 14:43 |   修   行 ( 両腕 )
<<  9月1日  未知なる現象。  8月18日  病は気から・・... >>