ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 3月21日  防衛反応の表と裏。

  この世界へ足を踏み入れた時から目標とした左右の投げ分けも一先ずは9m、10mのヘッドによってシングルハンド・ロッドでも全キャスト一通りを取り敢えずは身に付けたものの、今の練習を始めヘッドも長くなると、やはり左のキャストに感じる違和感が一層鮮明化した一方、この点は山積した数々の課題によって全く手付かずのまま放置されていたが、幾分、余裕が生まれた始めた最近、この原因が遂に判明すると、毎度の如く実に単純な内容に過ぎず、左右では腕力が違う為と考えてしまった幼稚な視点とは全く違った。(笑)

f0084561_14314494.jpg


  これは角度の不足でスィープからロンチポジションの体勢へ移った際に左のフォームではロッドの先端が示す角度が右のフォームよりも劣っていた為、その分、バック・ループが右よりも狭めてしまった結果だった。
  よって、この元凶を単純に考えると身体を捻る動きが小さいとの疑いを持つが、この時のロッド角度を決定させる要因は両腕の状態にもあり、この観点で真っ先に思い浮かぶ操作がリアのグリップを押し込む右腕ではあるも、今回の場合、殆どはフォア・グリップを握る左腕の問題であって、要は腕を振り上げた位置が身体から離れていた為にロッドの先が外を向いていた。

  これらも思い込み、或いは完全な見込み違いで、先の件は多くが力み等によって脇が開いてしまった際に起こる状態であるから元々は腕力に頼る傾向にある右のキャストが頻繁に陥っていた為、左のキャストでは全くの無警戒であって、この場合は不自由な左腕側がフォア・グリップとなっていた点に注意が必要だったと言えたが、ここには更なる盲点があった。

f0084561_14351176.gif


  とは言え、これも過去に取り上げた頭の傾きでフォア・グリップ側を身体近くへ振り上げるとは即ち、肩の上へ荷物等を抱え上げる状態にも近く、こうした際は邪魔な存在になる頭を反対側へ倒した逃がす防御行動を自然と行うが、どうやら左の動作では頭部の回避行動がない所か、場合によっては迎え撃つ格好に傾けていた節もあった事から、自分で自分の頭を殴り付けまいと、別の防衛反応が働いた結果だったのかも知れない。(笑)



 

  
[PR]
by hisuycast | 2013-03-21 14:37 |   修   行 ( 両腕 )
<<  3月24日  春の雨。  3月19日  未開の利得。 >>