ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 2月10日  軸は支柱なり。

  2月に入り2度目の練習となった先日は再び強い冬型の気圧配置となって風速10m前後の猛烈な風が吹き荒れると、天候としては晴天にも係わらず日中の気温は6℃程度と寒く今回も幾ら風裏とは言え練習量としては不満が残った一方、前回に撮影した映像からの改善点を受けたお蔭で久し振りに大きく前進した印象は従来の フィッシング・キャスト から スポーツ・キャティング へと転身を遂げ、運動量も増大した分、カロリー消費も増したらしく矢鱈と腹が減るから食費代の出費も増えて困る。(笑)
 
f0084561_1493921.jpg


  斯くして、前後動を大きく得るべく両足のスタンスを広げた体勢からのキャストは当初の暫く不安定で横方向の支えが劣る分、重心軸の傾斜を乱し、また身体全体が前後へ動く事でシュートの時点でロッドを急激に曲げてしまう等の面から全体の動きを崩してしまい、僅か一週間程度に素振りを続けただけの改良には無理があったかと思われたが、元々こうした動きも嘗ては取り入れていた為か休憩等を挟む内、右のキャストから次第に対応し、中でもスネーク・ロールに関しては45度変換の解釈を明確にする点とトラビス・ジョンソンの前傾リフトと更に2つを意識した効果もあったらしく一週間前とは見違える様に激変し、こうした下半身をも利用させたフォームの効果は絶大で物凄い勢いでヘッドがすっ飛んで行くからキャスト自体も楽しくて堪らない。(笑)

  その一方、やはり左のキャストは呑み込みも悪く、寧ろ一週間前の状態より悪化した印象すら受け、ここから一旦は再び以前のスタンスへと戻した所で最早後戻りも不能として、こちらでも乱れてしまっているから全く埒が明かず、止む無く腹を括りオープン・スタンスと心中する覚悟?で再び辛抱強く続けていると、夕暮れの気配を感じる頃には進展傾向にあり、これらは軸に当たり前後動の支えとなる左足の筋力が一方的に劣っている事で、スタンス広げると忽ちバランスを崩してしまうから、左右投げの場合は足の筋力も左右均等に近付ける必要があったとして早速、片足スクワットを試した所、未だに筋肉痛が収まらない・・・。(笑)





 

[PR]
by hisuycast | 2013-02-10 14:16 |   修   行 ( 両腕 )
<<  2月13日  似て非なる2つ...  2月7日  前傾からの起点。 >>