ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 1月27日  傾斜角 ≒ 重心軸 √ 底辺 ?!。


  またしても冬型の気圧配置となった先日。午後には季節風が強まり練習は殆ど不可能と判断していた一方、比較的暖かく迎えた朝の恩恵によって今回は午前に集中させると、どう言う訳か過去2~3年の傾向と違い今冬は本来の思惑通り風裏に該当した恩恵から、午後でも意外と強風の影響を受けずに済んでしまい、同じ冬場の季節風でも川の流域を無視する年と忠実に川沿いを吹き込んでしまう年とがあるらしく、今期は前者の傾向にあるから何とも不思議・・・。こうした現象は森田さん!を以ってしても解説出来ないだろう・・・。(笑)

f0084561_13425819.jpg


  斯くして、オ・ラマ規定のスネーク・ロールは一週間前の練習で得た3つの教示を踏まえた事でも、素振り段階では既に完成された印象ではあっても、これが実際のキャスト動作へ還元され根付く迄には最低でも2~3週間先となる過去からの経験に基づく法則は依然として不変なのか当日でも未だフォームは不安定で重心軸が傾く推移も正常には機能せず、この原因に関してはオ・ラマ規定のウェーディングに合わせるべく掘削してあった川底が1~2週間の経過によって小さくなった結果、軸となる足の踏み位置にまで傾斜が付いていた為と判断し、再度の掘削作業によって底辺部分を広く平坦化させた後に練習を再開させると、その片鱗位は時折に覗かせるから着実に進歩しているのだろうが、これによって練習にはスコップも欠かせない必須アイテムの一つとなった・・・。(笑)

f0084561_13434345.jpg


 

[PR]
by hisuycast | 2013-01-27 13:48 |   修   行 ( 両腕 )
<<  1月29日  感性に委ねられ...  1月24日 スネーク・ロール... >>