ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 12月30日 必然が齎すスネーク・ロールの先天性。
  今年としては最後の練習日となる公算の高い先日は、またして一週間前と同じく低気圧の接近によって殆ど日差しのない一日となってしまうと寒さによってキャストを度々中断しては指を温めると言った手順の繰り返しで能率も悪いが、16ft用の17m・43gのヘッドが左のキャストでは2~3投もすると左腕の筋肉が悲鳴を上げてしまうから、どの道、断続的な練習は儘ならず、下の映像も内容にも反したシングル・スペイに限られている。(笑)



 


  斯くして、今回もオ・ラマ規定によるスネーク・ロールが進展する見込みは薄いと感じていたが、午後以降は次第に素振りの動きが実際のキャスト動作へ還元され、やがて夕刻の時間には幾度か納得の出来るキャストが見られた為、1~2歩程度の進歩はあったとして現状としては満足している。

  そして、この時の感覚は 薪割り風 なフォームによってシュートされていたが、これはスネーク・ロールの特有である空中一回転の操作によってスィープは深いウェーディングの状況によって更に高い地点から始めざるを得ず、これに伴って如何にしてもロンチポジション時点では腕やグリップもシングル・スペイ等よりは高い位置となり、ここからのシュート軌道は上から下へと振り下ろす格好の円運動に当たる度合いが色濃くなった必然の結果であるから、やはりスネーク・ロールの場合はシングル・スペイ等と言った他の方法と全く同じ感覚のシュートとは行かず、何処か必ず一致しない動きが残る現象も極自然な成り行きから齎せれた先天的な性質であったと、これまでスネーク・ロールに対する鬱積が長い時間を要して、やっと!今回で完全に納得が出来た。(笑)



  と言う訳で、以上を以ちまして本年最後のネタとなります。
  今年も訳の解らない内容にお付き合い頂き、誠に有難う御座います!。
  年末年始の天候は毎度の気圧配置となりそうですが、どうぞ良い新年をお迎え下さい。


f0084561_12394244.gif 


 

[PR]
by hisuycast | 2012-12-30 13:55 |   修   行 ( 両腕 )
<<  1月3日 重心移動を司るは軸...  12月27日 偏狭の着眼。 >>