ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 11月3日  乱は体を表す。
 
  11月を迎えた先日も日本海側は時雨模様ながら関東平野は風も弱い穏やかな晴天に包まれ、朝一番から14ft編の撮影へと取り組むと、今回は右のフォームが一本背負いの体勢に入る際に重心を逆側の足に一瞬だけ移してしまう悪しき癖が無意識の内に根付いてヘッドの飛行姿勢を乱し、グチャ・グチャ!絡んでしまう反面、ロッドに対し体重を乗せる術を身に付けた事から物凄い勢いで鋭利にスッ飛んで行く両極端な二面性を持っていた。(笑)

f0084561_164137.jpg


  こうして、再び修正作業に入り、重心を横へ移動させてしまう点に関しても一本背負い型のフォームが陥る特有の症状で、これを正すに重心は飽く迄も軸足に残したまま担ぎ下ろす動きを身体に覚え込ませるしか術がない為、本来は軸足一本で立ち姿勢を維持させたい所でも、これには無理がある事から左側の足は爪先立ちする様な意識でキャストを繰り返していると、以前にも修正では散々の苦労を強いられた障害も二度目とあってか、思いの外、早期の改善傾向にあった。

  そして、次が問題。元々から無鉄砲に力んで暴走する性質を持つ右のフォームに対し、より効率的に力を加える術を与えてしまった結果の正に火に油を注いだ状況は、某共産主義国家への鬱積を反日デモで晴らす民衆の如く最早、簡単には収拾が付かず、等々この日だけでは修正不可能だったばかりか、この覚えたばかりの動作を今度は左のフォームへ移植した事によって左のキャストまでもが崩れてしまった。(笑)

  これらは野球のバットから打ち返したボールが仮に軟式のテニス・ボールだった場合、そのボールは著しく潰れて安定せず逆に遠くへ飛ばない事から、普段のよりも軽く打つ事で遠くへ飛ぶ現象にも通じ、気泡を持ったフローティングのフライラインを柔らかいロッドを目一杯捻じ曲げて強くキャストする際にも何処かでは力を抜く動きが必要とされ、これによって飛行するループの形状が整い無駄な乱れを消した結果、遠くまで飛ぶと言ったキャスト技法の代表格がキャロン・チームのジェラルドとも思え、ロッドを効果的に曲げた次の瞬間には、その力を抜く操作も身に付ける必要があったのだが、キャストは気質をも露わにし、一度始めた全開バリバリ~!の暴走は簡単には止められないぜ!!。(笑)


 

[PR]
by hisuycast | 2012-11-03 16:10 |   修   行 ( 両腕 )
<<  11月5日  過去からの開眼。  11月1日  奥の手は回帰にあり。 >>