ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 10月28日  捲土重来への予兆。

 
  10月最後の練習となった先日は晴天でも一日中風が弱いと言った当地域では今の時期特有の稀な陽気に恵まれ、これは撮影にも好都合だった一方で、逆に無風状態にもなってしまった場合は一転して悪い気象でフライラインが空中をする際は如何なる方向からであろうと、多少は風を受ける事で凧の様に安定飛行し、これは向かい風であっても同じでターンを起こしたラインは最終的に押し戻された格好になってしまい決して有り難くはない反面、そこに至る迄は、この風が一定内である限りラインが展開する作用を活性化させる事から、意外と好ましい風の向きは横ではないかとの、こうした現象のカラクリを物理学や力学を交えて論理的かつ正確に説明出来得る知識も持ち得ては居らず、残念ながらネタにも出来ない。(笑)

f0084561_13474334.jpg


  斯くして、14ft編の撮影も一通り終えながらも納得が出来るキャストは殆ど見られなかった背景には無風状態の気象条件にあった反面、実際キャストは左右共に低調で、右の原因としては更に左のフォームへ近付けた事によって上体だけが早く開いて先に前へ突っ込んだ体勢になってしまった結果、ロッドの軌道を乱すと言った 一本背負い型 の操作には陥りがちな状態が一つにはあったが、これは次の段階へ好転する過程で起こった一種の前触れ思え、当時、右のキャストからシュートされたシューティング・ヘッドが飛行する様子は今迄とは明らかに違い全体的には一層細い形状でありながら上へ反り返りつつ、浮き上がる感じでターンすると言った光景が幾度か見られていた・・・と都合良く捉えて置こう!。(笑)


 

[PR]
by hisuycast | 2012-10-28 13:48 |   修   行 ( 両腕 )
<<  10月30日  Made i...  10月26日  引くに引けな... >>