ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 10月3日  見過ごされた極意。
  さて、過去にもヘッドをナローに飛ばす秘訣を幾つか取り上げいても、この中の具体性に欠いた内容は理解が不足していたに他ならない訳だが、先週の練習によって闇の一つが日の光に晒され、これを今回のネタとすると、先ず片腕のみで操作するシングルハンド・ロッドは腕一本の動きを考えれば済むが、両腕で操作するダブルハンド・ロッドの場合は両腕の動きは勿論の事、更に左右2本の腕が辿る軌道次第で実に複雑で様々な操作が生まれる事から、これを理解し有効的に活用させる必要があり、16ftのフォームに左右の違いが生じる原因はここにもあったと解った反面、こうした左右の様々な組み合わせによる動作軌道を正確に理解するまでには全く至ってはいない為、今回はリア・グリップ側だけに観点を絞ると実に単純明快で今の今迄、見過ごしてしていたとは何とも恥ずかしい。(笑)

f0084561_1456998.jpg


  これはシュートの体勢からリア側のグリップを引く際の肘にあり、動きが元から小さいアンダーハンド・キャスト式は兎も角、こうしたキャスト技法以外では腕の振り上げは大き目と言え、また肘もある程度は延ばした状態から振り下ろし、これを終えた時点では肘は一定内で曲げられるが、この時に肘を曲げる動きを早めれば早める程、リア側のグリップだけ小さな円軌道を描いた結果、勝手にフォア側のグリップを突き出す体勢となってヘッドを細長い形状で飛行させ、これを積極的に組み込んだ方法がクヌートのキャストでもあったとは解ったその一方、どうやらリア・グリップ側の肘を早々と曲げようとの試みた所、今度はヘッドの回転トルクを鈍らせてしまう側面を持つから、何事にも限度があるとなれば長いヘッドからロッドは長く負荷を与え続けるには不向きと感じた。





 

[PR]
by hisuycast | 2012-10-03 15:00 |   修   行 ( 両腕 )
<<  10月6日  極限の畏怖。  9月30日  10mの際限。 >>