ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 9月13日  相対的必要悪。
  シングル・スペイ等のスィープ時に長いオーバーハングが作用してヘッドが反り返る現象はFacebookによって物理学上の “ ベクトル ” で説明付けられると言った有り難いご意見を頂戴し、早速このベクトルとやらを調べている内、これらは何もフライラインにのみに係わる内容ではないと考え、ふと机の上へ置いた小さな空き箱に紐を結び付け、この紐をやや上の位置から水平方向へ引っ張ると、「 これだ!。」 と思えた原理、現象に直面した。

f0084561_14161829.gif

f0084561_1417032.gif


  先ず、空き箱に結び付けた紐を弛ませた状態から一気に引いた場合、その箱は紐が結ばれた前面を上に全体が一瞬、飛び上がったが、この紐が張られた状態から引いた際、箱は全面が少し上は向いたものの、飛び上がる事はなく机の上を滑る様に移動すると、最早これが全てあって、机の上に置かれた空き箱は水に浮いたシューティング・ヘッドあり、この箱に結ばれた紐はランニング・ラインへと置き換えられ、スィープの際にヘッドが舞い上がる現象は長いオーバーハング部分のテンションが一定以下に緩んでいた時に発生していたならば、スィープの開始前に一旦はロール・アップや打ち返しを行った際には起こらない傾向と一致し、こうした操作を挟む事でオーバーハング部分のテンションを確実に高めたままスィープの操作を行えていた。

  よって、川の上流に対しても、打ち返し等を省いてキャストするにはロッドのティップを上げオーバーハングの部分がピン!と張った瞬間にスィープすればヘッドが舞い上がる現象は解消されると考えた反面、この際では高い位置からスィープを開始する羽目となってしまい結局は満足なシュートは達成されず、やはり16ftもの長さにも達した場合では、こうしたオーバーハングが忽ち緩む条件下でのジャンプ・ロールやシングル・スペイに関しては、面倒ではあっても打ち返し等を必ず行う必要があるとの残念な結論へと至る可能性がと予想されるが、そもそも上流に向かってキャストする場面は殆ど有り得ない上、打ち返しを省くとの発想自体も恐らくは一般的ではないと思え、これに執着する必要は全くないのかも知れない・・・。(笑)

f0084561_1417592.jpg


 

[PR]
by hisuycast | 2012-09-13 14:20 |   修   行 ( 両腕 )
<<  9月16日  11年目の真実。  9月10日  暗中の先に極意... >>