ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 9月8日  青天の霹靂。

  猛烈な暑さによって近頃は高架下の日陰へ避難して練習していると、キャストに広い空間を必要とする16ftによるシングル・スペイでは強い日差しを受けている箇所と日が当たらない陰の箇所との急激な露出差に視認性が悪くスィープの途中からはラインを見失う悪い面もあって正直、飽き飽きしていた所、暑さは幾分和らいだ先日は久し振りに太陽に晒されていると、予報に反して昼頃から雷雨に見舞われてしまい結局は高架下へと避難する羽目となってしまった。(笑)

f0084561_125879.jpg


  斯くして、今回の一日は天気の急変によって様々な風向きからキャストすると、やはり背後から風を浴びた際のシングル・スペイが最も厄介と再認識させられ、この際にはヘッドの全長や重量設定を幾つか試した限りでも最早対応する手段は存在せず、結局はスィープから押し戻されて崩れてしまったDループをロール・キャスト的に追い風に乗せてフワリとシュートするしかフローテイングのラインでは策はないとの残念な結論にて決着した。

  そして、この時は小さな操作が適している事から、如何にしてもアンダーハンド・キャスト風な動きとならざるを得ないものの、一転して風が収まると、前後の行程を長めた本来の動作が許され、最終的にはシングル・スペイとして下段突きでキャストする感覚を掴めていた反面、45度と言う角度変換に対しては壁を感じてしまいシュート後に着水したヘッドを見ては 「 コレ、45度あるかな??。」 と考えてしまう。(笑)

  また、ここで感じていた内容には着水したヘッドは前後が整った真っ直ぐとは限らず、横風によっても先端部分と後端部分の角度が異なる時、角度変換の45度をスペイ競技で一体どう解釈しているのかと言った判断基準を調べている内、国内の競技では30度と規定されていたと言う大間違いに気付くと、この所の課題は呆気なく解消へと向かったと思った途端、スペイ・オ・ラマのルールでは40度と大した違いはなく、この場合、凡そ90cmのウェーディングは一転して有利に感じるが、こうした状況から左右のキャストが出来る場所が限られる上、そもそも今年の様な夏場の練習では海パン!が必要となってしまう・・・。(笑)


 

[PR]
by hisuycast | 2012-09-08 13:00 |   修   行 ( 両腕 )
<<  9月10日  暗中の先に極意...  9月5日  道理とは必然に導... >>