ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 8月17日  引き手の向きに作用・反作用の法則あり?!。


  16ft用のキャストフォームは右の動作も理想に近いとした左の動きに接近しつつあったものの、暫くすると実際そこには未だに何か違う感覚が残っていたが、これも最近になって解消されつつあり、その違いに気付くと、もしや、これが基本に沿ったフォームなのかと思えていたから、相変わらずの紆余曲折を繰り返している。(笑)

f0084561_1372962.jpg


  これも先ずは引き手側にあり、左のフォームによってリアのグリップを右手で引き終えた際、その手は親指の付け根から手の甲側が上を向いていたが、右のフォームでは全く逆に何故か掌側が上を向いていたアンダーハンド・キャスト方式?だった為、引き始める時点でリアの握りには少し捻る意識を植え付けていた。



  ここに同じ引く動きでありながら、些か異なる作用が生じ、右の動きで引いたアンダーハンド・キャスト風な状態ではリア・グリップの端を胴体に突き当てた、この衝撃をロッドに伝達させてシュートする方法に適す反面、左の方法では引き終えた際にはリア側になる腕の肘から二の腕が横から後ろに入り込む格好は恐らく通常のスペイで用いる正統な動きだったのではないかと感じる。



  よって、右の動作では引き終えた際に掌の向きを矯正すると同時に、更には肘を確実に曲げる点に注意して素振りを繰り返すと、肘が背後へ曲げられる事によって肩も後退し、これによって身体が横回転を起こした結果、その反動で逆側の肩によって次のロッドを突く動きへと直結させ骨格を連動する下段突きの感覚も戻りつつあり、アニメもビミョ~!にバージョン・アップ!!。(笑)

f0084561_1381629.gif


 

[PR]
by hisuycast | 2012-08-17 13:10 |   修   行 ( 両腕 )
<<  8月19日  第三の選択。  8月14日  王者の進化。 >>