ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 8月12日  低いスィープ と 早いスィープ。

晴天にも係わらず猛暑日には至らずに済んだ先日、16ftを使ったシングル・スペイに対してはヘッドの先へSA/3Mのアトランティック・サーモンSTヘッド7/8から切除されたまま残っていた20cm程のリア・テーパーをアンカー打ちの容易化と共に、アンカー抜けも防止させる狙いとして繋いだ程度で特別な策は持ち得ては居らず、又この小細工自体にも然したる効果は感じなかった反面、別段の悪い影響を与えていた印象もないとして、このまま暫く練習を続けている内、次第にシングル・スペイに順応を始めたのか35度程の角度変換ならば最大の課題であるウェーディングの浅い箇所へ移動しても苦にならないが、45度を境に難易度は一気に高まるから、この角度が中々の曲者だ。(笑)

 
f0084561_1454117.jpg


  また、ここでも左のキャストが一枚上手と感じられ、ここには風向きと言った条件に若干の違いはあったとしても、やはり動作にも異なる箇所があり、この際たるはロンチポジションで腕を振り上げる地点で右のフォームでは必要以上に高く腕を振り上げてしまう癖に気付き、この以降からは極力、ロッドを低い位置からスィープし、シュートも極力、低い地点からの開始と意識に植え付ける事によって僅かな前進を見たと言った所で、基本に適い高所からスィープを開始した場合はヘッドが舞い飛ぶ速度も遅くアンカー打ちは確実化しシュートに移るタイミングへの把握等も容易でも、これはロール・キャストに近いが、低い地点から開始されたスィープはヘッドの飛行を速め、ここからのシュートを放てばヘッドはナローな形状で飛ぶ状況を強める。

f0084561_14535292.gif


  これはロッドのティップが低い為にヘッドと水面との接触面を増やすと、そこに発生する摩擦抵抗を高め、この状態からヘッドを引き剥がしてスィープした際にはロッドへの負荷も増大させ、これらを勝手に演出している場面こそがウェーディングが深い状況として個人的の好みと一致し、こうした低く早いスィープを再現させるに際しても、長いオーバーハングが持つ振り子の様な作用が有利なのだと勝手に思い込んでいる。(笑)

f0084561_14431619.gif



 

[PR]
by hisuycast | 2012-08-12 14:56 |   修   行 ( 両腕 )
<<  8月14日  王者の進化。  8月10日  円熟とは自然体... >>