ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 8月5日  風と角度変換の紛擾。

  8月へと移り変わった先日、16ftを使った右のキャストは予想以上に苦戦した結果、漸く概ね納得の出来る状態にまで仕上がると、次の課題にはシングルハンド・ロッドでは先行しているシングル・スペイにあったが、元々アンカー位置が横方向へと離れてしまうジャンプ・ロールにも係わらず、更に角度変換をも加えた場合ではアンカー側や向かい風に益々助けられるも、逆の状況で起こる更なるアンカー離れ対策として日々繰り返した重心移動を交えた素振りも結局は効果を感じられず、ウェーディングが浅くなるに従い益々アンカー打ちは儘ならず後は風任せと言った具合でフローティングのヘッドでは殊更、風の影響を受け、選りによって強烈な太陽光を遮る橋の下に限って風を集めているから、質が悪く当日は逃げ風との格闘に終始していた。(笑)

f0084561_11515862.jpg


  そこで、これは全長の短いヘッドが災いする典型的な例であるとして今一度、テーパー設定のないティップへと交換すると幾分は改善される反面、この際にランニング・ラインへの抵抗をやや強く受ける状況ではシュートからのターンを著しく乱すと言ったイタチごっこから、次にはヘッドの本体とティップの間に1.5m程を継ぎ足して試みるも結局、この程度では殆ど進展に変化なく、最終的にはリーダー先へアルミのチューブを取り付け、更にヘッドのティップ先端へはバッキングラインによって俵状の結び目を設けると、ほんの微かに改善した?としても、またもや厄介事へと手を染めてしまったと言った所でも、その基本理念のままでも絶対に何らかの手立てはある筈で、それらを考え、やがて解決に繋がるまでの工程を再び楽しみたいと思う。(笑)

 

[PR]
by hisuycast | 2012-08-05 11:54 |   修   行 ( 両腕 )
<<  8月7日  ナローを呼ぶナロー。  8月1日  新生、下段突き。 >>