ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 7月10日  誤認を呼ぶ三次元の撓り。


  さて、シュート時にロッドを打ち出す角度の錯覚を呼んだスィープ操作でリア側のグリップを押す動きを取り上げるとして、その前に、これらは飽く迄もスペイキャスト全般に言えるベルジャン・キャスト風にロッドを捻る動きとなる為、この操作によってスペイ本来の核となる軌道が増幅されると考えられ、この動きをロッドに対し如何にして効果的に伝達させるかを追及した結果が必然の成り行きとしてネス・スタイルと呼ばれ、ロングベリーラインと言った世界では既に常識化しつつあると思え、下の映像は何故か評価は高くとも、これらに即しない全く滅茶苦茶な例に過ぎず、身体の重心をロッド側に残したままのスリークォーターではシュートから飛び出したループの上側と下側の位置が極端に横方向へと離れている為、シュート後にライン先端がターンする際は完全に乱れている様子は誰が見ても一目瞭然等と・・・、大いにケチを付けて大変申し訳ないが、逆に言えば・・・、これでも何とか飛ばしてしまうから凄い!。(笑)


f0084561_14573447.gif


  との前置きは切り上げ、スペイキャストのスィープ、ロンチポジション、シュート、と言った一連の動きは先にベルジャンと例えた通りに開始時はロッドを寝かせた状態からの操作によってロッドの曲がる向きとしても一旦は水平方向となり、この直後から次には振り上げる動きへと移り変ると、ここでロッドは下向きから後方へ曲げられシュートされるのは周知の通りだが、こうした際に長いロッド、またロッドが手元から良く曲げられた状況と成れば成る程、バット側とティップ側の向きも一瞬ながら大きく異なる為、実際は飽く迄もスリークォーターながら端的に言えばグリップを握った腕自体は垂直付近からシュートしたとしても、ロッドの先端に近付くに従い斜めに傾き、この位置からラインが放たれると結果としてロッドはスリークォーターで操作していた三次元的に撓った状態が感覚の鈍い左の操作では殊更に縦、斜めへの認識には誤解を及ぼした原因だった。
f0084561_1582058.gif


  その反面、これはスィープの段階からロッドをバット側から曲げた理想的な操作へと近付いていた証しでもあり、これを生み出した根源であるリア・グリップを押し込む操作は想像以上に重要であったにも係わらず右のキャスト動作では未だに怠慢だったと気付かず全体のフォームも崩していたが、お蔭でこの操作には更なる要点が隠されており、この内容についても本日は非常に暑いので再び後日のネタとしたい。(笑)



[PR]
by hisuycast | 2012-07-10 15:19 |   修   行 ( 両腕 )
<<  7月13日  圧縮は点火への...  7月8日  縦か、斜めか・・... >>