ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 5月10日  シングル・スペイに於ける ” 180度の原則 ” とは。

  この所、シングルハンド・ロッドの練習で密かに取り組みを始めていたシングル・スペイは長いオーバーハングとの相性が全く悪いとの考えとも相成って今迄は手付かずだったが、下段突きのフォームが安定しつつある今では新たな課題として何時しか追加されると、特段の遠投を要しない一般的なシングルハンド・ロッドによる川での釣りとしては問題のない程度のキャストには至っていても、やはり下段突きが持つ本来の威力や姿形とは程遠く、この具体的な原因については全くの未解明であるならば、せめて映像にでも収めるべきではあると考えつつ、結局は面倒になってしまい先日も撮影を怠ってしまい最終的にはネタにも困る始末だ・・・。(笑)


f0084561_14481054.gif

f0084561_14483010.gif
 

  斯くして、彼是と推測立てて考えている現時点では、恐らくシングル・スペイとして正しい手法はスィープの段階から身体に対し徐々に捻りを与えて角度変換分の円軌道を描き同時進行させた複合的な動き ( 画像の左側 ) に限られるとは思えても、ここでは更にもう一つの方法としては、ジャンプロールによる通常のスィープからアンカーが打たれる時点で瞬時の内に身体を捻らせる二度の直線的な軌道にて構成される動き ( 画像の右側 ) も考えられるとして以上の二つを試す限り、結局は前者の手法が妥当に思え、 先ず左の画像ではスィープ開始時点からの方向とDループの先端が示す方向は一致せず、Dループに蓄積される作用を弱めてしまう反面、Dループからシュートする角度は大凡一致した “ 180度の原則 ” と則し、逆に右の画像はスィープ開始時点の方向とDループの向きは一致し、Dループ自体には “ 180度の原則 ” により強い力を得るものの、シュートの際に角度変換を変える事から先の作用を完全に活用させるには至らないと言った負の要素が先の2つ双方にあり、シングル・スペイの場合は如何にしてもスィープからシュートに至る工程の間で何処かは必ず角度に不一致が生じ、ここから優先すべきはロンチポジションからシュートに至る角度の整合性にあるのだろうか。




[PR]
by hisuycast | 2012-05-10 15:10 |   修   行 ( 片腕 )
<<  5月13日  復活の利根。  5月8日  先天からの拘束。 >>