ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 12月30日   左右の個性。
  
  今年も暮れの押し迫った時期となり、世間では何かと忙しい最中ではあったにも係わらず、昨日は仕事の合間を縫って日々の成果を地元の荒川で確認すると、長靴履きによる一時間足らずの短い間ながら確かな手応えを感じ、つい一週間前とは左右何れも全く違ったフォームへと変わったが、日頃の素振りは反転式に偏っていた為か、抜上式に関しては少々狂いが見られ、ロッドを上下に振り下ろす動きが委縮し前後の動き一辺倒となってしまう症状は特に左のキャストに強く表れると、ヘッドはウルトラ・セブンのアイスラッガーの様な訳の解らないループの形状によって飛び出す。(笑)

f0084561_16565655.jpg

  これらは投げ急いでしまう心理が働いた状態でもあった反面、スィープを急ぐ必要も生じたその原因は折り畳んだヘッドの配置箇所が手間へ寄り過ぎていた事からリリースしたオーバーハングの張力が落ちる前にシュートさせざるを得ない状況へ陥っていたと言う特有の厄介な点でもある為、オーバーハングが長い場合では些か離れ過ぎた?と感じる地点へとヘッドを着水せる意識で丁度良いと言える。

  これによって、ゆったりとしたスィープを呼び、この後のロンチポジションでは上体の仰け反りと共にドリフトと呼ばれる一瞬の溜めを生み出せ、ロッドは幾分でも背後へ倒れた神輿を担いだ様な状態へと至り、ここから上腕だけを引き下ろすと肩口を支点としてロッドはバット寄りから曲げられた後は前腕を真っ直ぐと前へ突き出すと、次にはロッド・ティップ側が働いた結果、阪神タイガースの藤川投手が放ったストレートの如くヘッドの先端までバシュッ!とターンさせる 二段階 の動きが、この方法の特徴と言えるのかも知れない。

  ここから、フライフィッシングのキャスティングも曲がったロッドによって弾き返すだけの操作でも一応は機能し、現にこうした方法も存在するのだろうが、弾き返した後に今一度の操作を加えると、飛行するラインへは、まるで意思を持った生命体の様な魂を吹き込む事も出来る・・・と、毎度の大袈裟な表現ながら、これらを学んだ一年でもあった気がする。

  そして、シュートにてロッドを突く際は親指と人差し指によってグリップを挟み込んだ丁度、ドアのノブを摘み前へ一気に押す感覚に近い動きも重要だったものの、左のキャストでは、この意識に欠く傾向にあり、また右では過度に働いた結果が肘や前腕の筋肉へ負担を掛けていると言う別人格の個性を持ち、こうした違いも結構面白い。(笑)


  と言う訳で、今回が本年最後の更新となります。
  今年一年、訳の解らない話にお付き合い頂いた皆様、有難う御座いました。
          どうか、 より良い新年をお迎え下さい。

f0084561_16412928.gif










[PR]
by hisuycast | 2011-12-30 16:59 |   修   行 ( 両腕 )
<<  1月5日   日進日歩。  12月28日   過ちを経て... >>