ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 10月1日  無謀の意義。

  先日の練習でセミ・ダブルハンド・ロッドの改良型フォームを再び試すと一応は十分に機能すると解り、シュート直後のヘッドが飛び出す初速に関しては向上した印象すら受け一旦は喜んでいたものの、結局は今回もボツ!と判断した訳は従来の方法と比較した総合的な内容にあった。

f0084561_12162036.jpg

  これは理念とも言える根本的な考えとは乖離し、軸となる体幹を活用したキャストとは成り得ないとの判断に尽きるが、要は現状より更に低い位置からのシュートは腕を身体の横から操作する結果に繋がり、打ち出した直後の瞬間な反発は得られていても、この位置関係ではロッドに体重が載らず飛行したループの展開にもトルクが不足する為、単にシュート時の勢いに頼ってヘッドを弾いている状態に過ぎないから、少し前にシングルハンドで使った画像と同じ状態になると早く気付くべきとも言えた。(笑)

f0084561_13592573.gif
f0084561_14583565.gif
 












  そして、従来型のフォームはシュートで打ち出す位置が若干高い事から短いグリップを受け止める胴体の部所はないも、真上から見た位置関係はロッドが身体の中心を通過し、飛び出したヘッドには体幹を軸として支えたロッドの反発が持つ強いトルクを得られ、自らも飛ぼうとする意思を持ったかの如くシュートの終盤でも失速せずに延びる様に展開して行き、この圧巻な様子を見届けた時点で今の所、これ以上改良する余地は思い当たらず無駄な苦労に終ったが、こうした無謀な行動によって隅々まで納得が行く上、近頃に続くシングルハンド・ロッドの練習によって実はダブルハンドも密かに進化している手答えを感じ、シングルハンド・ロッドは小回りが効く分、ダブルハンド・ロッドの練習だけでは気付かない些細な動きや作用を見出せ、大いに意義があると思える。



[PR]
by hisuycast | 2011-10-01 12:27 |   修   行 ( 両腕 )
<<  10月3日  過失意図。  9月28日  誤解からの枝道。 >>