ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
4月5日   餌  VS  ルアー  VS  フライ。
  その昔、混雑するゴールデンウィークのとある本流で餌釣り師とルアー釣り師ら、自分と3人が午前中のひと流しを終え、車置き場へと戻る途中に意気投合していた。
  まあ要するに3人とも全く釣れずいや、その気配さえ無い時間を暫し共有していたのだ。そんな具合だから我々はすっかり打ち解け談笑している内に、この3種類の釣法でどれが一番釣れるかという単純比較するには些か馬鹿馬鹿しい話題に及んだ。

  先ずは餌釣り師、「 一番釣れるのはルアーだと思う。その次がフライで、餌が一番釣れない。」 と言う。
  そしてルアー釣り師、「 一番は餌釣りでしょう。次はルアーでその次にフライだと思う。」 と。
  最後に、 「 フライをやる人はどう思いますか?。 」 と尋ねられた。少し捻くれている自分は、一概には言えないでしょけど、と前置きした上で 「 やはり一番は餌釣りでしょう。次はルアーでしょうね。フライはキャスティングが上手くならないと釣りが成立しませんから・・・(笑)。」 と答えていた。
  ルアー釣りをしてフライも少しやるという方や餌釣りをして偶にはルアー釣りもやるといった方は結構多いが、 餌釣りしてフライも経験している人は少ないのでは?と思っている。
  何か自慢めいた話になってしまい恐縮なのだが、自分はこの3種類の釣りを全て経験している。最も極少ない経験でしかないので偉そうな事は言えないし、餌釣りをする方には大変失礼なのだが、経験上やはり餌釣りは釣れると思う。更に言えば ” 釣れてしまう。 ” といってもいい位だ。
  そう考えていたので、餌釣りをする人がその方法が最も釣れないと考えているのは全く以外だった。いや、むしろ ” 絶対釣る ” 為にそれを選択しているのだと思っていた。そして今これを読んで戴いているであろう疑似餌釣り師諸氏も同じだと思う。
  本物の生餌だから釣れるとかそんな単純なこと以前に、やや上流域で 落ち込み や 石裏等の狭小ポイントまでも止めて誘ったり出来る。あの日本伝統釣法は渓流域に限っては最も理にかなった方法である事は誰も否定しないだろう。

  しかし、後にして見れば、恐らくこの餌釣り師は、だだっ広く殆ど変化の無い本流域での事を指して言っていたのだろうと思う、そういった場所に限っては自分も同感出来る部分がある、更にそれらは今ここで、くどくどと理屈付ける必要もないであろう。

  だが、もしかしたら彼らの様な餌釣り師は自分達と同じく餌釣り界の ” 変わり者 ” で不利と思える方法でも、本流域の大物を釣る事を目指しているのかも知れない。

  そして最後にそういった釣り師達にも敬意を表したい。
[PR]
by hisuycast | 2006-04-05 12:12 |   回   想
<< 4月7日   冬 風。 4月4日   All Sin... >>