ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 1月11日  祝、新たなる門出。
  相変わらず冬型の気圧配置ではあっても日差しには恵まれる関東平野は全国的に見れば温暖な地域と言えるのかも知れないが、近頃の朝はキ~ン!と冷え込んでは気温が氷点下となるのも珍しくはなく、これが平年並みの寒さだったのだろうかと、毎日は布団から這い出す際には一大決心を求められ、これは練習へ出掛ける際も例外ではない。(笑)
f0084561_1348838.jpg

  斯くして、今回の正月休み中も最終的には練習三昧ではあっても、以前よりは比較的のんびりとした時間を過ごしていたが、こうした余裕からか日頃から何時か試して見ようと考えつつも忘れ去ってしまったログネスを使ったキャストを幾つか投げ分けている内、これらに対する思考に一つの決着が見え始めたのはシュート時のロッドを振り出す角度にあった。

f0084561_16331172.gif
f0084561_16333651.gif












  この角度は、キャスターの背後から見たロッドは90度、そして頭上から見る振り出しも真っ直ぐ打ち出す180度の角度が最善と考えていたのだが、一先ずログネスが持つ16ftと言う長さの場合に関しては、先の2つは何れも僅かながら傾けた位置(角度)からのシュートには敵わない事が解かり、その僅かに傾けた位置とは大凡の感覚では恐らく背後の角度で85度~80度であるから、頭上からの角度に換算すると170~160度と言った所になるのだと思えた。

f0084561_1432186.gif
f0084561_1434748.gif








  90度と180度のシュート角は身体の中軸をロッドが通過する事によって体重を利した回転トルクを最大限に活用させようと考えた角度ではあったものの、こう言ったロール・キャスト的な操作では回転一辺倒のロッド軌道に陥るのは幾ら身体を前後させ必要十分なキャスティングのストロークを稼ぎ出したとしても身体的に無理が生じ、これが更に16ftものロッドにもなるとシュート最後ではロッド・ティップが限度以上に下方向へ垂れ下がるバウンド現象を支えて防ぐには体格的にも不可能であり、もし実現させるとするならば先ず上下のグリップ間隔を更に長く設定し、そしてチェ・ホンマンの様な大巨人によるキャストであれば成功するのではないかと思えるのだが、ふと思い起こせば、こうした考えは以前にも取り上げていたおり、然しもの懲りない奴ではあっても今度こそは身に染みて懲りたのではないだろうか。(笑)


  と言う訳で何の脈絡もなく、Y隊長!の独立、そして “ ハートロッジメンタルクリニック ”  の本日開業を祝し、正月休みにロケーションの良い場所にて撮影した下の動画を贈りますが、映像自体は本編と同じです。(笑)  
 



   

[PR]
by hisuycast | 2011-01-11 14:09 |   修   行 ( 両腕 )
<<  1月13日  上か、下か。  1月8日  上達を阻害する心。 >>