ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 12月30日  増幅と拡散。

  暮れが押し迫った今夜、当初は晴れが続く筈だった関東にも雨や雪が降るとの予報へと変わり、この低気圧が以降、全国的な大荒れとなる天候の元凶となるらしく、本日は差し詰め嵐の前の静けさ・・・、と言った所なのだろう。
f0084561_15505188.jpg

  さて、少し前には長いオーバーハングのペリーポークとも言える抜上式が最近では最も難しく感じると記述した真意について今回、追求すると、ここには身体の真後ろにDループを形成させ、これを極力180度の原則に則り、かつ最も体重が乗る頭上の中央からロッドを真っ直ぐ振り下ろすと考えた現在のフォームに限った場合での事であって、この際、キャスターから見た前後のアンカー位置では通常よりも幾分後方側へ離れた地点となり、また左右のアンカー位置としてはロッドの長さに対してヘッドが短い程、近付ける必要が生じる事から、この点では短いシングルハンド、或いはセミ・ダブルハンド・ロッドでは比較的気を使わずに済み、注意を要するのは14ftからと言った所で、こうしたアンカー位置の観点では横風を考慮しない限りはヘッドの前後移動を伴う反転式やジャンプ・ロールではヘッドを跳ね上げた着水させると言った動きによって後から微調整が効く訳だが、これが抜上式の場合はそうは行かず、キャスティングと直接の因果関係を持たない操作開始前のヘッドを着水させた位置に加え、更には折り畳んだ際の形状によって後のキャスト動作では最早、如何にしても制御不能に陥ってしまう点を抜上式が難しいとした理由で要するに、結果が左右するキャスト自体には関係のないヘッドの着水常態を毎回安定して再現出来ていないと言う結論へと辿り付く。(笑)
f0084561_15512564.gif

  そして、アンカー位置の概要については以上の通りでも、ヘッドを折り畳んだ際の理想とは如何なる形かは身体の左側面で行なえばCの字、右側では横が逆になったCの字であって、この際には直線部分が多い縦長な形状である必要があり、これはオーバーハングの長い抜上式だけが持つ特徴であるのかも知れない。
f0084561_15571324.gif

  では、抜上式は一体何故、直線部分が長い必要があるかを考えると、やはりヘッドが湾曲して着水した状態からではスィープによって発生した運動エネルギーも円状に分散してしまい長いオーバーハングのまま頭上までヘッドが舞い上がる迄にも至っていないのではないかと考えられる為、ヘッドを飛ばす状態に加え、その方法と、タダでさえ厄介な事を益々複雑化させているとも言える。(笑)



  と言う訳で、今年も一年間お付き合い戴き、誠に有難う御座いました。
  年末から年始に掛けては、またも荒れた天気との事ですが、どうか良い新年をお迎え下さい。


f0084561_1337233.gif

  
 
   

   

 

 
 
 
 
[PR]
by hisuycast | 2010-12-30 16:03 |   修   行 ( 両腕 )
<<  1月3日  一か八か。  12月28日  邪魔者には頭... >>