ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 12月5日  痛みの岐路。
   
  日本列島に猛烈な雨と風を呼び込み、各地には沿岸部を中心として多大な被害を与えた台風並みの低気圧が過ぎ去った当日、関東の内陸部に限っては三方を山に囲まれ風裏となった為か、河川には幾分の増水が見られた程度でニュース報道とは乖離した嘘の様に穏やかで暖かく、大気の澄んだ長閑な日和となり、勿論これは、 翠の洞 もなんら変わりはなかった。
f0084561_13493490.jpg

  斯くして、強風を覚悟して向かえた先日は練習にも絶好の条件と言え、朝から開始したセミ・ダブルハンド・ロッドによるキャストに夢中になっている内に右腕の前腕から肘周辺には毎度の痛みが走り始め、ログネスを取り出した午後の練習では再び左のキャストに限定されてしまい翌日以降の傷めた箇所としては一週間前よりも悪化させた印象もある。

  こうなると、セミ・ダブルハンドのキャストには致命的な欠陥があるとも考えられ、これが単に 無用な力を無闇に加えている等 の原因であればまだしも、仮に操作自体に原因があるとするならば、正に 致命傷 であって改めて創り直す必要があるものの、キャストが正常に機能さえすればシュートから飛び出したループが追い求める チャマーズ型 である限りは、先の観点が正しいとは考え難く、そして何より、長らくは大の苦手としたロッドでも理想の実現化が目前に迫っている以上は今ここで止める訳にも行かない等とは何ともカッコイイ~!表現だが、要するに、セミ・ダブルハンド・ロッドのキャストが楽しくて仕方が無い状態へと陥っている。(笑)

  しかし、現実の問題として立ち返って見れば、右腕のシングルハンド・ロッドは既に1ケ月もキャストが出来ず、更に日常生活にも支障を来たしている以上、釣りでの出番も無いセミ・ダブルハンド・ロッドの練習は残念ながら一旦は打ち切る必要があるとも感じている。

 

[PR]
by hisuycast | 2010-12-05 13:50 |   修   行 ( 両腕 )
<<  12月7日  野球肘。  12月2日  悠々と放て。 >>