ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 11月23日  晴れない疑念。

  今回も先日の練習から感じた点等々を整理するべく、ここに記載するとグリップの短いセミ・ダブルハンドのフォームは再び 引き を重視し、そこには一定の手答えを掴んではいたものの、どうもこの感覚は持続せず、先日も朝は右のキャストは好調でも左のキャストは滅茶苦茶でやがて午後に左のキャストが整い始めると今度は右のキャストに狂いが生じると言った事態を今回も繰り返していた。
f0084561_14584514.jpg

  自覚している限り、セミ・ダブルハンド・ロッドでもヘッドの先端までビュン!とターンさせるには、結局はログネス等でも度々登場する肩の動きでシュートする際は肩(鎖骨)を上げて振り下ろす事によって成功する訳だが、キャストを乱す一番の原因は一体何処にあるのかと言えば、どうやら、グリップが短いロッドの場合では腕を振り上げる位置もログネス等よりは遥かに低い事から、先の如く肩を上げる意識を強く要する反面、薄れるのも容易らしく、この点に集中しながら延々と練習を続けると精神的にも疲れしまい、挙句の果てには肩も凝り始める。(笑)

  そこで、コリャ~、アカン!と再びキャスト動作に見直しを行なっている内に、肩を意識する時点をこれまでのスィープ開始からシュート時へと遅らせると随分と楽に感じられ、ロッドの軌道も乱れないのではないかと考え始めていた一方で、これまで肩への意識を一体何故スィープ時点とした忘れ掛けた記憶を辿ると、確かログネスと同様に腕を振り上げたロンチポジション時点で無意識の内にロッドを逆方向に倒す悪業を未然に防ぐ為だったと思うものの、12ft半程度では重量も軽い上、更に短いグリップによって腕も延びない事から、こんな必要は無く、こうした悪い点が現れるとすれば、その原因は他にあるとして、次回の練習で試そうと考えに至り一先ずは決着しているのだが、このロッドでキャストを続けていると右も左も同じ様に肘の関節付近が今も痛い原因だけは今も全く解らず、モヨモヤした気分は晴れない。(笑)

 

[PR]
by hisuycast | 2010-11-23 15:00 |   修   行 ( 両腕 )
<<  11月25日  自転車操業。  11月21日  頭は使うな。 >>