ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 11月2日  誤認は成就への入口。

  台風と低気圧が相次いで通過すると、関東の河川は久し振りに大増水したのは今の時期では最早どうでも良い話であったとしても、他に重大なのは右前腕の筋肉痛が一向に回復せず日常生活にも支障を来たし、遂に先日の練習ではログネスによる右のキャストは一投目から激痛が走り、その後はフォーム確認の5~6投で諦めたのはシングルハンドも同様だったが、意外と12ft半のセミ・ダブルハンドだけは問題がなかった。
f0084561_15343166.jpg

  さてさて、一週間程前だったか、ウェーディングが深い場合の抜上式ではアンカー位置が離れてしまい少々厄介等と記述したまま、うっかり忘れて棚上げ状態になっていた事から今回のネタとして正式採用すると、これこそがロンチポジション時の前後から見たロッド角度であってアンカー位置が離れるに従って斜めの角度からシュートを開始し、この位置が近付くと垂直付近から打ち出す必要があるものの、ここ数年は垂直位置からのシュートを只管目指していた為、この一般的にして多数派の斜めシュートに不安を感じてしまったのだが、実際ログネスによって試すと違和感もなく意外と簡単だったのは、元々これが普通の方法だと考えると当然だったのかも知れない。(笑)

  但し、幾ら斜めのシュートとは言え、シュートを終えた時点でのロッド位置や角度は同じと言ったフォームの根幹は全く変わらない上、その角度も未確認ながら僅かしか傾いてはおらず、決定的な違いとしてはタイミングであって、斜めの場合では幾分でもロッドの位置は低い為にスィープの時間は短くも、反面、ロンチポジションの体勢からシュートに移る間には肩(鎖骨)を上げる動作が加わる事から微かに遅れる印象になる。

  一方、垂直付近からのシュートでは先2つの関係は全て逆転し、ロッドの位置自体も高まる事によって移動距離が長くスィープの時間も長く要するも、ロンチポジションの完了時点と同時に既に肩を上げた体勢にある為、即座にシュートへと移行出来ている感覚があるのだが、これらのタイミングは何れにせよコンマ何秒と言った計測も不能な極めて微妙な時間経過に過ぎず、結局は具体性にも欠いた感覚的な違いとしか表現出来ない様に思える。
f0084561_15435075.gif

f0084561_14345561.gif
f0084561_14341976.gif









  そして、現在の一本背負い型フォームはロッドを垂直付近から振り抜く為に辿り着いた方法でもあっても、実際こうして斜めから振り抜くとシュート時からの速度や飛距離も全く互角にも思え、実際この角度は大した意味は持たなかったらしいと言った結論を散々遠回りした今、正直言って密かに感じ始めているのだが、仮に誤った認識からの切っ掛けからだったとしても、ここから得た経験は大いに役立ったと開き直っている。(笑)



 
[PR]
by hisuycast | 2010-11-02 15:48 |   修   行 ( 両腕 )
<<  11月4日  不規則な流体。  10月31日  第三のフォール。 >>