ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 10月7日  混在への開眼。

  本日にて禁煙6日目。ふと、気が付くと食後にタバコを吸う準備を始めていたりするが、このまま足を洗う事は恐らく容易くも、思わぬ風邪によって予定よりも早く行動へと移ってしまった為、買い置きと開封してしまったタバコが残ってしまい処分に困っており、ここは一先ず、その責務を全うするに自らが消費するべきか・・・、と考えてしまっては元の木阿弥となってしまうのだろうか?。(笑)
f0084561_15331177.jpg

  さて、先日の練習では凡そ一年振りに12ft半のセミ・ダブルハンド・ロッドを持ち出していたのは、そろそろ本編映像差し替えの準備でも始めましょうかねぇ~、と言った所であって、決してネタに困った訳ではない!と断言したい。
  ここから、初めの数投は 「 あれ!?、意外とイケる!。」 と言った感じだったのだが、暫くして慣れると逆に滅茶苦茶になってしまい、その短いフォア・グリップの苦手ぶりも未だ健在、「 何故、こんなにも短いのかぁ~!。」 等とブツブツ文句を並べているのも相変わらずで全く進歩も無かった。(笑)

  ただ、以前に掴んだコツを思い起こしつつ、更に上下の腕の高さやら肘、肩に脇の意識等々を彼是とイジクリ回している内、要するに上下のグリップ間隔が短いロッドでは小さい動作によるシュートでない限りティップの軌道は確実に乱れると今更ながらも当然の結論へと辿り着き、ログネスと同様に腕全体はおろか身体全身を使ったフォームで扱う道具では断じてないと言えた。
f0084561_15333151.jpg

  この時に得たのが、腕の肘から先だけを使ってシュートする感覚で身体の前後運動も極僅かで良く、大きな動きは悉く逆効果となるのは正に 混在状態 であって、スィープの段階から脇を閉め肘も常に十分曲げた体勢を維持したまま振り上げるのは、まぁ基本的にはログネスでも変わりはないものの、ロッドは軽く肩や首と下グリップを押す意識もない感覚はシングルハンドに限り無く近く、当時はシュート時の 引く操作 への理解は今一つで今回はこの感覚にも手答えを感じた。

  この引く操作はログネスの場合では腕は幾分曲がっている程度でも、グリップの短いロッドでは大きく曲がっている事から、以前は上手い具合には引けず手首が先に動いてしまい、その結果、急激な円を描いては垂れ下がりロッドティップを乱していた印象で、今回は手首を固定したまま肘の部分だけ引き付け、その分だけを逆側の腕で押し出す様な操作感覚も身に付き始めると、ショートグリップからのコンパクトなキャストも意外と楽しかったが、如何せん!陽気の割に夕暮れだけは益々早まる一方で時間が足りないと感じる時期は気温の変動も大きく、きっとカエル君達も戸惑っているに違いない。
f0084561_15335220.jpg



 
[PR]
by hisuycast | 2010-10-07 15:42 |   修   行 ( 両腕 )
<<  10月10日  真理を悟り、...  10月5日  成就の裏側。 >>