ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 8月31日  自然障害。

 
  一年の内、最も嫌いに思える8月も等々過ぎ去ろうとしているものの、その原因の一つとなる暑さは未だ衰えを知らず今後も1週間は続くらしいのだが、こうした見込み予想は以前から次々と先送りされ、今回も実際その程度で済むのかと疑念を抱いては、ホンマかいな!!とツッコミを入れてしまう。(笑)
f0084561_13385699.jpg

  斯くして、前回、先日の練習では猛暑と減水によって大した進展も見られなかったと記述したが、実はこれ以外には他2つの自然条件も関係している。
  その一つは風、最近の練習は比較的、雲が多く風の弱い日に恵まれていたのだが、当日は朝からの晴天と共に下流寄りの風が早期から吹き出して次第に強まり、特にシングルハンド・ロッドでは今現在に目指しているラインの動きを引き出せず、こうした練習に関しては大いに不満が残るものの、風によって猛暑は緩和される面もあって心境としては痛し痒し・・・。(笑)

  一方、ダブルハンドのログネスでは減水によってインターミディトでも根掛かりを頻発してしまう事からも当日は久し振りにフル・フローティングを用いていると、反転式では先ず準備段階となるヘッドの折り畳みに失敗して全体がひっくり返ってしまい、またスィープの途中よりラインが風に流されてシュートへと移るタイミングを極僅かに狂わせたものの、午後にもなると徐々に慣れ始めていたのだが、更なる障害となったのは2つ目の自然条件となる日照だった。

  太平洋側に該当する地域の河川では、西日は上流側より照らす位置関係になる場面も多く、秋が近付きつつあると太陽の角度も下がり、丁度今の時期と先日の練習箇所ではアンカーを目視にて確認する際には水面に反射、または太陽光線自体が視界に映り込んでヘッドの動きを見失いタイミングを逸してしまう。
f0084561_13391438.jpg

  ところが、これら視覚によるタイミングに比較的左右されないのもペリーポーク系の抜上式で川の流れが著しく速い状況でもない限り、下準備となるヘッドの折り畳み操作は安定しスィープも一定のリズムで済み、また、この際には水飛沫が起こり視覚として捉えるのも容易な上、音だけで確認する事も出来て都合良く作用し、ジャンプロールによるスィープも風の影響を受け、最後に西日で消されたとしてもヘッドの先端はシュート方向の離れた位置から近付く迄の間に目で追い掛けてタイミングを合わせる事が出来るのだが、ヘッドを畳んだ状態から跳ね上げる反転式ではスィープの開始で瞬時にラインを見失うと後は勘に頼る部分が大きく、こうした面からも、やはり一般的、はたまた常識的にも不向きな方法と言えるのかも知れない・・・。(笑)
   


  
[PR]
by hisuycast | 2010-08-31 13:45 |   修   行 ( 両腕 )
<<  9月1日  肩と首による支点。  8月29日  出会いは突然に... >>