ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 8月24日  同調への歩み寄り。

  
  いやはや、暑さが戻るとは聞いていたものの、当初の予報では精々35℃止まりで幾分は安心していたのだが、いざ蓋を開けて見ると結局は36℃、37℃の猛烈な熱波に飲み込まれた。
  そして、夏の高校野球で優勝を飾った興南高校は暑さには慣れている筈の沖縄県代表にも係わらず、甲子園球場の暑さ対策として雨具を着用した練習を重ね本大会へと挑んでいたと言う報道にも驚くばかり・・・。

  斯くして、92回目となった高校野球大会も終わると、パ・リーグ、セ・リーグと共に首位争い白熱し、阪神タイガースも本拠地が使えるのだが、何れにしても、ここ最近の先発投手陣はどう見ても火の車状態。
  能見!、岩田よ!、早く戻って来てくれ~!。この際、井川でも良いかな?。(笑)
f0084561_14132418.jpg

  と、時事ネタはさて置き、先日の練習によってログネスの左キャストも何とか合格点を与えても良いと一時期の状態をも超えた安定した水準に達して一安心。
  如何にして渾身の力を込めてキャストするかを追及して来た手法は2度、3度と姿を変えつつ、ここに至る迄には一体何年の歳月を要した事やら・・・。

  それにしても、フライフィッシングのブン投げ系?キャスティングに措いてはオーバーヘッドにロングベリー、はたまた、押してシュートするのか、それとも引くか・・・、どの方法であろうと最後の障害となるのはラインの先端部からリーダー迄のターンではないかと思え、これはログネスの場合でも同じ点で躓き、それらには各々の原因やら解決策が存在したとしても、多くはタイミングと力みの問題で押しと引きを併用する際には2つの操作を同調させる必要があった事に恥かしながらも漸く気付いた。

  これらを言葉として表現するのは難しく、引く操作と押す操作は何れも加速させる様に幾分ゆっくりと開始し、終える寸前で最大の力を加え、同時期に終了させない限りはロッド・ティップに無駄な動きが伝達されてしまいリーダーの先まではビュン!と延びず、この点もシングルハンドで行なうフォールと良く似ると言うか、寧ろ全く同じと考えても良いと感じるのだが、これを成立させるには力みを取り除く必要もあって、肩の力を抜いてリラックスした状態を保っていないと成し得ない。

  ところが、左のキャストで鍵を握っていた肩を上げる意識を持つ点によって、同じ箇所に働く無駄な力を消し去る事が出来ずに居たものの、最近この感覚をやっと掴む事が出来たのだが、その要因の一部にはログネスが更に好みに合って以前よりも柔軟化し、シュートに適した僅かなタイミングへの把握を容易とする歩み寄りを見せた事にもある様に感じるのは単なる思い過ごしなのかも知れないが、別の観点ではロッドと身体をも同調させる必要があったとも言える。

  と言う訳で、最近の練習は以前の様に挫折や失望感に焦りも無く、肩の重荷も降りた気分で紅葉が始まる頃には再び釣りにでも出掛けたい心境でもあるのだが、対象魚としてはヘラブナかな??。(笑)
  


   
[PR]
by hisuycast | 2010-08-24 14:47 |   修   行 ( 両腕 )
<<  8月26日  鎖を砕け!。  8月22日  芸人気質。 >>