ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 8月8日  蹴り足の覚醒。

  
  ふと気付けば今年もそろそろお盆を向え、暦の上では秋となったものの、夏の暑さは今が真っ盛り。本来ならば、鮭の遡上が始まる北海道にも猛暑日が観測されると札幌では25年振りの熱帯夜では今や最も涼しい地域は沖縄なのか・・・。(笑)

  と言う訳で、一頃に頻発していた雷雨もすっかりと影を潜めた関東は各河川とも著しい減水を始めてしまい近場では実践的な練習出来ないと判断すると、先日の練習場所には緑に包まれた 翠の洞 を選択したものの、暫く続いた増水の影響なのか川底には砂が堆積し流れを感じる箇所には深い場所が殆ど消えて場所選びには後悔が残ったが、今回の練習によってダブルハンドでもシングルハンドでも一応の決着が見られ気分爽快!。
f0084561_11455564.jpg

  だが、始めに一つ訂正する必要があるのは前回、ログネスによる左のキャストはシュート最後に フォア・グリップを腕によって押す と記述してしまったのは大きな間違い!。
  一週間に渡り繰り返していた素振りを、いざ実演すると、リア・グリップを振り下ろした後にフォア・グリップを腕の力を頼りに押す操作を与えると結果的に円運動は助長されてしまいロッド・テイップは益々垂れてしまい全くの逆効果だった。(笑)

  では、最終的にどう対処するのかと言えば、足で押す の一語に尽き、具体的には両足のスタンスを僅かながらも開き、シュートの最後では後方側へ下げた足によって地面を蹴るしか術がない・・・と言うよりは、寧ろ足を使う事によって重心も移動した結果、体重も乗りロッドには最大限に負荷を掛けられる事が出来る最も有効な手段だったとの表現がログネスを扱う際の最終結論。

  これらは右のキャストでは何気なく行われ、その際の印象としてはロッドと接触しているフォア・グリップに対し、グィ!と言った感触が伝わる事から誤って手で押し込んでいる様な錯覚を犯してしまったものの、事実上フォア・グリップを握った手はその衝撃を支えているだけに過ぎないと漸く気付いて一先ずは全て解決した。

  そして、過去を思い起こせば全てに納得が行き、右のキャストでも突如として狂い始めるのはウェーディングが腰辺りまで達し、更に川底にも大石があり足元が不安定な状況であった事から、当日は両足に注意を配っていると、右のキャスト時には無意識の内に左足を下げていたものの、時折には足の踏み場が悪い場合があり、ズル!と滑り、これを恐れた余り最後には止めていたと推測出来る。
f0084561_11453060.gif

  よって、両足は予め広げ、その際のスタンスは広めが望ましくも、狭い場合でも一定の効果はある事から足場が不安定な状況下では僅かながらでも開く事を心掛ける必要があった。
  更にスタンスには他にも重要な意味があり、両足を前後に開いた体勢ではスィープも安定してリズムを掴むのも容易にさせていた事まで解ると左キャストの注意点も明確化し、後は各操作を正確に行なえば殆ど問題はないのだが、足の動作までアニメ化するのは一層難しくなってしまい、これが唯一の欠点??。(笑)



   
[PR]
by hisuycast | 2010-08-08 11:50 |   修   行 ( 両腕 )
<<  8月10日  不意の増幅。  8月5日  解かれる禁じ手。 >>