ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 12月5日  悪病の温床。
                                                                   
  月日の移り変わりは早く今年も残り一ヶ月を切ると12月最初の練習となった先日は生憎の雨に降られ、雨合羽も一日中頭からすっぽりと被った状態と何かにつけては厄介で好きにもなれないものの、風は穏やかであった事から意外と寒さは感じなかった。
f0084561_10524855.jpg

  前回、ログネスによる左の反転式では 一本背負い型のシュート への有効性を感じつつも、一方では腑に落ちない点があった事から今回はじっくりと腰を据えて検証して解った事として、どうやらこれは上グリップの押し出しを主にする方法で如何にして下グリップを引き付けたとしても前へ屈む格好になる以上、精々7:3の割合で上グリップの押しが勝ってしまうと言う結論に達したのは普通に考えれば当たり前の話で毎度気付くのが遅い。

  これは、前回の練習時は過度な?素振りによって左肩の三角筋辺りを痛めていた影響かと今一つ確信を持てずに居たものでもあり、回復した今回に再び試みるも、その印象も同じ。更にロッドや腕の使いが悪いのか、左肩辺りに負担が掛かり直ぐに痛みを覚えた事から残念ながら正式採用は呆気なく当面の間?お見送りと相成った。(笑)

  とは言え、サイドスロー病は反省点の上グリップに意識を置くも未だ完治せず、ヘッドのティップ部分は着水時には内側へ向いヘニャ!、ペロリン!?と無様にカーブを描き、 これは右岸からキャストする分にはメンディングを与えた様な状態となり都合の良く働く場合があったとしても、左岸からのキャストではティップ側が上流を向く最悪の状態となってしまい折角の反転式は約に立たず他の旋回式等で逃げの手段を選ぶしか無い。
 
f0084561_1053361.jpg
   
  だが、良く考えて見ると16ftを使った左の反転式は何も今のフォームに限らず以前から掴めていないのはアンカー抜け寸前のスィープ感覚で、丁度加速した水上飛行機が波間にバウンドしながら飛び立とうとする僅かな一瞬の内にシュートする操作、タイミングも把握出来ておらず、これがサイドスロー病の温床、根源ではないかとも思える。
                                   
                   
[PR]
by hisuycast | 2009-12-05 11:00 |   修   行 ( 両腕 )
<<  12月6日  真の使い手。  12月2日  活路の一本背負い。 >>