ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 11月2日  邪悪の慣習。
                                                                    
  前回の練習では、取り敢えず14ftのロッドならば現在のキャストフォームでも問題なく扱えるのは確認出来、先ずは一安心していたが、先日は更にグリップが短く、言わばブルハンド・ロッドのミニュチュア版にも感じられる12.6ftによって試すと使用頻度の少ないランニングラインはシュートすれば勢い良く飛び出し中々面白いものの、滅茶苦茶な押し・引きの操作によってティップは乱れ放題で幾つかの方法を試しても結局ヘッドは殆ど真っ直ぐとは着水せず、まるで泣き出した赤ん坊でも相手にしているかの如くお手上げ状態だった。(笑)
  
f0084561_10521844.jpg

  この傾向は右のキャスト全般に見られ、何故か左の反転式だけは比較的安定したのは幾分でも不慣れであったのが逆に功を奏していた印象で恐らくは上グリップの押しを主要とし下側のグリップは大して操作していないのではないかと思えた。
  つまり、上グリップが極端に短いロッドによって押し・引きを強く意識してしまうと操作に安定を欠き、これまでとは頭を切り替え、極端に言えば半ばシングルハンド・ロッドとして操作する位の意識が適しているのかも知れない。

  更に、これらを一層助長させるのがシュートから打ち出すロッドの角度であり、垂直近くでは体中に染み付いた長年の斜め振りとも錯綜してしまうのか、大いに手振れを起こしティップが左右に波打った様な軌道を描き易い。
  これはフライフィッシングのキャストでは些細な風でも即ラインとも接触し危険を伴う事からもロッドをこの角度でシュートする人が極めて少ないと思え、こうした観点では一見不向きとも解釈出来るのだが、この風への対処は左右でキャストすれば簡単に解決する。
  よって、左右投げさえ克服すれば最も体重が乗り、楽に負荷を掛けられると言う合理性も最大限に生かせ、これが現在取り組み中の 上段構えから真っ直ぐと振り下ろすイメージのシュート にも直結する訳だが、理論的にも完全な垂直位置のままロッドを振り抜くのは不可能で飽く迄も極限まで近付ける程度に留まるとした矛盾点をも持つ。
f0084561_1102850.jpg

  そして、これは現在シングルハンドでも実践化している最中でロッドが短い点では有利に働いても片手支えるにはティップを乱し易く結局は難しいのだが、この最大の原因としては、やはり長年染み付いた斜め振りから脇も開き肩から突っ込む慣習が邪魔をしていると思えると無難にスリークォーターでシュートしてしまうかと悩んでいる今日この頃でシングルハンドの左バックハンドも進展なし・・・。(笑)
   
[PR]
by hisuycast | 2009-11-02 11:01 |   修   行 ( 両腕 )
<<  11月4日  意図する随伴。  10月31日  修復可能な失敗作。 >>