ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 10月31日  修復可能な失敗作。
                                                                    
  小さな気圧の谷間が差し掛かり、曇り空の一日を覚悟していたが、予報に反し殆ど雲に包まれる時間もなく、12~13℃にまで低下した朝の気温も日差しのお陰で順調に上昇すると余計な上着が増えてしまった先日、翠の洞 。
 
f0084561_1101361.jpg

  左のキャストで見られた斜めに傾いた飛行ループは前回の反省点としていた左右の重心を意識する事によって解消するのは正しく回復の兆しは見られるのだが、この方法の一つとした横方向へ踏み込むサイドステップは競技等では有効でも、足場の不安定な事が多い実際の釣り場で通用しないのは明白。
  よって、最終的には上グリップ側の腕と共に左右両足にも意識を持つのが最善で予想した通り左のキャストではシュート体勢になっていても正常時よりも右側に体重を残したまま振り下ろそうとする傾向がある事から重心が左側に流れてしまい幾分腕を側面から振るスリークォーターの様な格好になり、この間違った癖が習慣化しているから始末も悪く、今回だけで完全に修正するまでには全く至らない。

  折角長い時間を掛けて身に付けたフォームでもあったが、ここには間違った箇所もあった為、再び数ヶ月もの期間を掛けて正さなければならず、始めから解っていれば経験せずに素通りして済んだのは、言わば、薄暗く汚らしい路地裏の闇社会に紛れ込み、現在ここから抜け出そうとも足掻いている最中と言った感じにでもなるのだろうか・・・?!。

  とは言え、既にこんな事は日常茶飯事、これも一種のお勉強として通常では有り得ない?貴重な経験まで出来て実に幸せ、と前向きに捉えるしか無い等と表現してしまうのは少々大袈裟で実際ある種の地道なモノ作りにも似て意外と楽しい半面もあり、現状としては一本の原木から独自性を維持しつつ、お好みの形に成形するには、何処をどの様に整えて行くのか模索し、丁度、切る、削る等を繰り返している最中で今回も毎度の如く度を越して不細工に仕上げてしまった失敗作と言った所だろう。(笑)

  元々、切る、削る等も好きであって仮に作り始めた木工品の一部が割れて破損した、或いは完全に削り過ぎてしまった等の致命的欠陥が生じてしまった場合では最早完全修復は不可能で再び原木を見付け切り出し作業から取り掛かる必要があるのに対し、キャスティングならば亀裂が生じようが欠損しようが、途中から幾らでもやり直しも効き、おまけに木屑も一切出さずに済む!。
 
f0084561_1103277.jpg

  しかし、あまりにも時間が掛かり過ぎてしまうのも事実で早く仕上げの塗装作業にでも移り、気持ちとしても楽になりたいと言った衝動にも駆られ、何れにせよ時間もなければ到底続けられない気の遠くなる様な作業である。(笑)
  
[PR]
by hisuycast | 2009-10-31 11:13 |   修   行 ( 両腕 )
<<  11月2日  邪悪の慣習。  10月28日  核心が生む革新。 >>