ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 10月19日  崩壊を呼んだ踏襲。
                                                                   
  前回は比較的好調だった左の反転式だったが、先日の練習では一転して悪化してしまいフライフィッシングのキャスティングとは実に絶妙なバランスから成り立ち脆くも崩れ易い繊細な動作であると実感する。
  これも、後に映像を通して見ればスィープ時の下グリップ側操作に原因があったのだが、当日はロンチポジション時点からの上グリップの操作に問題があると勘違いをしてしまっていたのは右のキャストにも言えた。

  このフォームによる一連のキャスト動作では、先ずスィープから下側のグリップを押してDループの基礎を作ると、次はこの反動を利したまま上側のグリップによってロッドを振り上げてDループ本体を形成させると言った両腕の役割分担が切り替わり、最後のシュートでは上グリップで打ち出す角度や方向付けを行いつつも主な動力源を与えるのは飽く迄も下グリップを引き付けて行う。
  そして、この際にロッドの反発と下グリップから加えられた力を支えながら方向付けを行うのは、下手から引いた後に上手によっても押し出してしまう事も多く、これによってロッドティップに無用な動きが伝わりヘッドの飛行を乱してしまう癖は左右どちらのキャストにも再発してしまった。
f0084561_13311967.jpg

  この癖は、恐らく本家ネス・スタイルを踏襲し打ち出しながら上グリップを少し内側に捻る操作を加えた事が原因で、右の場合では朝の内は調子が良く、やはりヘッドの先端が幾分内側に曲がる言わばメンディング与えた様な状態で着水する様子を見て安心していたのだが、暫くして対岸に張り出した邪魔な枯れ枝を取り除こうとした際、見事に転倒し腰から下はズブ濡れになった後からは呆気なく調子を崩したのは何かの祟りか?。

  一方の左でも同じくシュートでは捻る操作を加えていたのは上グリップを横から握り、そのまま打ち出してしまう癖を矯正する目的もあったが、これを意識したあまり下グリップの操作が疎になり、当初これはスィープ時の押し出しが不足していたと考えていた。
  ところが、過去の経験上これが不足している際にはシュート時には下グリップを引く事も出来ず上グリップで押してしまう筈でも先日のシュートでは確実に下グリップを引いていた意識が強い為、これには該当せず、やがて気付いた点としては、どうやらスィープ時に下グリップ側は間違いなく押し出してはいても、その方向が悪く本来、幾分前に突き出す様に行う操作を下方向へ押し出す様な格好になっていたのではないかと素振りと映像を見て感じているのだが、これらを正常に行うにも先ずは下準備である 「 投網打ち 」 の操作で失敗しない事が前提条件となり、今一度これを簡単に行う方法を考える必要もありそうだ。
  
[PR]
by hisuycast | 2009-10-19 13:32 |   修   行 ( 両腕 )
<<  10月21日  今、明かす ...  10月17日  沈下への躊躇い。 >>