ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 9月30日  里山の毒牙。
                                                                    
  先には、右よりも左のキャストが意外と良いとした記述をしてはいたものの、実際上課題はある。
  この一つにはヘッドを畳む際に先端部分を着水させる位置が未だ手前になっている印象があるのはDループ下側の接触面が長い事によって容易に想像が付く。
  これは先週の練習で最も留意していた箇所で以前よりは遠ざけていたつもりだったにも係わらず実際上では大して改善出来ては居なかったのは距離感が掴めていない事が挙げられ、左ではこうした視覚の誤差でさえも大きく、これもキャスティングを一層難しくさせる要因にも繋がっているが、これらを克服してこそ誠の真意が見え始める。

  また、横方向の着水位置では一転して離れ過ぎているが、これは全く見当違いの過ちを犯していたのが原因で当日ではシュートから放たれたヘッドは横向き、水平気味のループを展開して飛行して行く傾向が見られた事から、これはヘッド先端の横位置が近いと誤った判断してしまい意識的に遠ざけてしまった為だったが、この真実は後日映像を見て判明していた。
f0084561_16452459.jpg

  この現象は実に単純な事で上の画像でも少々解り難く文章で表現するのも難しく、通常、ロッドの上グリップは手前側を支える様な格好になり、この典型例がサムオントップで支点となる親指は基本的にキャスター側を向くものの、この時の左手を極端に例えればグリップを側面から握ってしまった事からロッドも水平方向へ曲げてしまったと言った通常では殆ど起こり得ない操作によって齎されていた。(笑)

  そして前回、右のスィープが 2段モーション になっていたのは偶然にこれを解消する役割も果たしていたものの、これを説明するのは至極話が長く省略するが、フライフィッシング界で囁かれる話として “ シュートではロッドを捻る “ と飛距離が延びる等と言うのも実際これを指すのかと納得してしまった。
  これを日常世界の例に置き換えるとすれば、地面に寝かせて置かれた重くやや長い支柱を一人の人間によってどう起こして立てるかを考えると解り易く、地面に寝かせた状態の支柱を立てるには先ず一方の端は固定する必要があり、これがロッドの下側のグリップとなる。
  次に、この支柱を立てるには固定した反対側の端を持ち上げる事になるが、この際の立ち位置が重要で支柱の横から掴んでしまうと逆方向へ倒れてしまう為、重力の働く方向に対して真っ直ぐと逆らう様に持ち上げるのが最も楽な位置で、これが上側のグリップとなり、これは押してシュートするのみならず下グリップを引いてシュートする場合の支点でも同じだったと言える。
f0084561_1646183.gif

  更にフライロッドの場合、この位置を決定付けるのは手首と言うよりは 肘から先 と言った印象でシュートでの打ち出しでは肘の途中からロッドに被せる様に操作する事によって一層支え易く、また体重を乗せるにも効率的と感じられるのが、先の “ シュートではロッドを捻る ” だったとなるのだろうと勝手に解釈しては重要な発見をしたと一人で喜んでもいる訳だが、プロ、インストラクター、達人と呼ばれる方々のキャストはこうした僅かな要点も全て熟知し、数々の積み重ねからも得た技の集大成だったとも思える。

  斯くして、またしても薄暗い穴蔵をもう一つ通り抜けていた様な気分でもあると、当日にも何やらニョロニョロとした奴が再び現れ、早速近付いて確認すると今度は何とマムシ!。
f0084561_16465293.jpg

  流石に捕まえるには躊躇したものの、毒蛇特有の三角形の頭は英語に直訳すると DLTA HEAD ??。
  はたまた、太いボディに細い尻尾はAFSのテーパーに似る??。
  
f0084561_16471850.gif

  と、危険を犯しつつも結局はネタ用に捕獲したはいいが、可愛いらしい一面も全く無い。

  良い子のみんなは危ないから絶対にマネしないでね!。(笑)
  
[PR]
by hisuycast | 2009-09-30 17:10 |   修   行 ( 両腕 )
<<  10月3日  落とし穴。  9月29日  虚偽無窮。 >>